経済金融辞書1178語

 深センB株(シンセンビー株)

中国の深セン市場で取引されている株式のことです。
深センA株が中国本土投資家のみが取引可能であるのに対してB株は、外国人投資家も投資家できるようになっています。
また、取引通貨も香港ドル建てとなっています。

 五十音順 前後の語句

 新興市場(しんこうしじょう)

証券取引所の中でもベンチャー企業などの創業年数が短かったり、財務体質が悪いなど取引所一部や二部の上場基準を満たしていな…(続きを読む)

 申告分離課税(しんこくぶんりかぜい)

分離課税の一種で、総合課税の勘定 別に課税される税金であり、確定申告の段階で、他の所得と合算せず、分離して課税する制度…(続きを読む)

 シンジケート団(しんじけーとだん)

略してシ団とも呼ばれる、債券の発行に責任を持つ金融機関の集団のことです。 シンジケート団は債券発行リスクを共有し、総額…(続きを読む)

 シンジケートローン(Syndicated Loan)

主幹事による主導の下でシンジケート団(シ団)を組んだ複数の銀行(金融機関)により計画される大規模融資のことです。 (続きを読む)

 深センA株(シンセンエー株)

中国の深セン市場に上場している中国企業のうち、中国本土の投資家のみが取引可能な銘柄のことです。 人民元建てとなっていま…(続きを読む)

 信託(しんたく:Trust)

ある人(A)が自分の財産を別の他人(B)に譲渡すると共に、当該財産を管理させ、そこで得られる利益を、また別の人(C)に対し…(続きを読む)

 信託期間(しんたくきかん)

投信の運用がスタートする設定日からその運用が終了する償還までの期間のことをさします。 信託期間の設定がある投資信託は信…(続きを読む)

 信託財産(しんたくざいさん)

受託者がその目的に応じて受益者のために管理する財産のことを呼びます。 信託が設定された場合、委託者から受託者に名義は移…(続きを読む)

 信託財産留保額(しんたくざいさんりゅうほがく)

投資信託における手数料の一つです。 ファンド契約期間中に解約されると、ファンド側は現金を用意してその投資家に支払う必要…(続きを読む)

 信託報酬(しんたくほうしゅう)

投資信託における手数料コストの一つです。 ファンドの運用に関する手数料で、投資信託の基準価額に対して一定の率としてファ…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/23日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP