経済金融辞書1178語

 新株(しんかぶ)

子株とも呼ばれます。
株式分割などを行った場合に分割されて増えた分の株式のことをさします。
なお、もともとの株は親株(旧株)と呼ばれます。
また、無償増資が行われた場合も同様です。

 五十音順 前後の語句

 情報の非対称性(じょうほうのひたいしょうせい)

市場取引における買い手と売り手の当事者同士が保有する情報が不均衡であることをさします。 通常買い手は、商品に対する品質…(続きを読む)

 取得価額(しゅとくかがく)

ある投資商品等の取得に要した価格(取得原価)に対して、手数料や税金(消費税等)を加えたものです。 なお、複数回に分けて…(続きを読む)

 所得控除(しょとくこうじょ)

所得課税(所得税等)の計算において、税額計算の元となる所得自体を控除すると言う方式。 例えば年間で100万円の所得控除とい…(続きを読む)

 所得税(しょとくぜい:Income Tax)

所得に対して担税力を見出して課税する税金の一種です。 広義には法人税や住民税、事業税、個人所得税などが該当します。 (続きを読む)

 白色申告(しろいろしんこく)

日本における所得税・法人税における原則的な申告方法のことです。 本来「白色申告」という言葉はないが、記帳義務・帳簿保管…(続きを読む)

 新株予約権(しんかぶよやくけん)

その権利を行使することで、当該企業の株式の交付を受けることができる権利をさします。 ワラントとも呼ばれます。 株式を特定…(続きを読む)

 シンギュラリティ(Singularity)

技術的特異点(ぎじゅつてきとくいてん)と言われる人工知能の発展形式分岐点のことを言います。 一般的にはシンギュラリティ…(続きを読む)

 新興市場(しんこうしじょう)

証券取引所の中でもベンチャー企業などの創業年数が短かったり、財務体質が悪いなど取引所一部や二部の上場基準を満たしていな…(続きを読む)

 申告分離課税(しんこくぶんりかぜい)

分離課税の一種で、総合課税の勘定 別に課税される税金であり、確定申告の段階で、他の所得と合算せず、分離して課税する制度…(続きを読む)

 シンジケート団(しんじけーとだん)

略してシ団とも呼ばれる、債券の発行に責任を持つ金融機関の集団のことです。 シンジケート団は債券発行リスクを共有し、総額…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/29日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP