経済金融辞書1178語

 証券化(しょうけんか)

様々な債権や資産などをひとまとめにしてそれらを担保とする標準的な証券へと転換することをさします。
セキュリタイゼーションとも呼ばれます。

 五十音順 前後の語句

 少額短期保険(しょうがくたんきほけん)

保険事業において小額・短期の保険引き受けを業務とする事業のことをさします。 また、そうした事業を行う事業者を小額短期保…(続きを読む)

 償還価額(しょうかんかがく:Maturity Value)

満期に支払われる金額のことです。 債券の場合は元本(額面)部分に相当します。 (続きを読む)

 信用リスク(Credit Risk)

与信先が返済ができなかったり、清算(破産)してしまうというリスク。 与信リスク、デフォルトリスク、貸し倒れリスクとも呼…(続きを読む)

 償還期限(しょうかんきげん)

債券が償還される期日のことをさします。 債券の場合、償還期限をもって債券の元本が戻ってくることになります。 意味としては…(続きを読む)

 商業銀行(しょうぎょうぎんこう)

法人・個人向けに預金や貸し出しを中心としたサービスを提供する金融機関のことです。 一般的な市中銀行のことをさします。 (続きを読む)

 証券金融会社(しょうけんきんゆうがいしゃ)

信用取引における決済に必要となる資金や株式を証券会社に貸し付けたり、証券会社が公社債の引受や売買に伴い必要な短期資金の…(続きを読む)

 証券総合口座(しょうけんそうごうこうざ)

証券会社における総合口座のことです。 銀行の場合、決済機能を有する普通預金と運用目的の定期預金をセットしたものだが、証…(続きを読む)

 証券貸借(しょうけんたいしゃく)

供給不足状態にある株式を機関投資家などが貸し出すことです。 株券貸付などとも呼ばれます。 (続きを読む)

 証券担保ローン(しょうけんたんぽろーん)

保有している株式や債券などの有価証券を担保として資金を借り入れするローンのことです。 株券などの有価証券を担保に入れる…(続きを読む)

 証券取引所(しょうけんとりひきじょ:Stock Exchange)

取引所会員が集合し証券の売買をおこなう立会場やコンピュータを通じた競売市場のことです。 (続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・11/25日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP