経済金融辞書1178語

 終身年金(しゅうしんねんきん)

年金の受け取り方法の一つです。
被保険者が生存している限り、一生涯にわたって年金を受け取ることができるものをさします。
期間の長短にかかわらず被保険者が死亡した時点で年金の給付は終了します。
生存リスクをカバーできるタイプの年金。

 五十音順 前後の語句

 収益還元法(しゅうえきかんげんほう)

不動産等の資産査定をする手法のうち、対象となる物件が生み出す収益性からその不動産の価値を査定する方法です。 従来の売買…(続きを読む)

 収益分配金(しゅうえきぶんぱいきん)

投資信託におけるインカムゲインの一種です。 ファンドの運用を通じて得られた利益を投資家に対して還元する際の収入のことで…(続きを読む)

 受益証券(じゅえきしょうけん)

投資信託や貸付信託等の運用において利益分配を受ける権利をしめす有価証券のことです。 たとえば、投資信託の場合は、元本・…(続きを読む)

 従業員持株制度(じゅうぎょういんもちかぶせいど)

企業が自社で働く従業員を対象に自社株を保有してもらうことを目的とする制度。 企業が従業員持ち株会という組織を設立して運…(続きを読む)

 囚人のジレンマ(しゅうじんのジレンマ)

ゲーム理論において個々にとって最適な選択が全体の最適な選択にはならないとする問題。 非ゼロサムゲームの代表的な例となっ…(続きを読む)

 終身保険(しゅうしんほけん)

定期保険、養老保険と並ぶ生命保険の基本的な商品の一つです。 一定の払い込み期間まで保険料を支払うと、後は死亡するまで保…(続きを読む)

 終利(しゅうり)

最終利回りのことです。 WEB等での表記では最終利回りのことを略して「終利」と書くのが一般的。 債券を購入し、償還日(満期…(続きを読む)

 主幹事(しゅかんじ:Lead Manager)

企業が株式の公開や売出しを行う際の幹事会社の代表のことをさします。 (続きを読む)

 ジュグラーの波(Juglar Cycles)

景気循環の一種で約10年周期の循環とされており、中期波動とも呼ばれます。 フランス経済学者のジュグラーが書の中で主張した…(続きを読む)

 需要(じゅよう:Demand)

経済学における「財に対する裏づけのある欲望」の事をさします。 要するに購入することができる範囲における欲望です。 対義語…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/21日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP