経済金融辞書1178語

 市場予想平均(しじょうよそうへいきん)

コンセンサスのことです。
株式市場の場合、アナリスト、エコノミスト、投資家といった市場関係者が想定、予想している水準の平均値。
企業業績、一株利益(EPS)、政策金利、為替レートなど多岐にわたる分野で市場予想平均は調査・集計されています。

 五十音順 前後の語句

 市場介入(しじょうかいにゅう)

金融市場に対して影響を与えることを目的として中央銀行(日銀など)が市場取引に参加することをさします。 (続きを読む)

 市場価格(しじょうかかく:Market Price)

市場(マーケット)で売買されている価格のことです。 通常市場価格と呼ぶ場合、市場に存在している買い手(需要)と売り手(…(続きを読む)

 市場間スプレッド取引

異なる複数の市場における価格差を利用した裁定取引の一種です。 株式投資の場合が代表的で、東京証券取引所と大阪証券取引所…(続きを読む)

 市場関与率(しじょうかんよりつ)

株式市場において特定の銘柄に対する特定の者の取引割合のことを指し、市場関与率が高くなると相場操縦行為として疑われる恐れ…(続きを読む)

 市場経済(Market Economy)

資源の配分が自由市場における需要と供給の関係により決定される経済のことです。 近年では多くの国が市場経済を採用しいてい…(続きを読む)

 市場リスク(しじょうリスク:Market Risk)

システマティックリスクとも呼ばれます。 市場動向やし女王の特定セグメントの動向にうより行うリスクをさします。 通常は価格…(続きを読む)

 システムトレード(System Trade)

株式投資などを行う際に、一定の売買ルールにしたがい売買を行う方法のことです。 自分自身の直感などの裁量にゆだねない取引…(続きを読む)

 私設取引システム(Proprietary Trading System)

PTSとも略される取引システムのことです。 証券取引所ではなく、証券会社における電子情報システムを利用して取引される証券取…(続きを読む)

 下値支持線(したねしじせん)

相場のチャート分析における売り圧力よりも買い圧力の方が強い価格帯をさします。 対義語は上値抵抗線であり、仮に下値支持線…(続きを読む)

 シ団(シだん)

「シンジケート団」の略称です。 主に株式や債券を引き受けるための団体のことです。 募集売出しの販売力の向上やリスクの分散…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/01日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP