経済金融辞書1178語

 資産効果(しさんこうか)

資産価格が上昇することで消費・投資などが活性化することをさします。
たとえば、土地価格の上昇や株価の上昇などによって消費や投資が促進されることをさします。
金融資産効果、ピグー効果などとも呼ばれます。
対義語は「逆資産効果」。

 五十音順 前後の語句

 仕組預金(しくみよきん)

普通の預金に様々な金融工学に基づくデリバティブを付与した預金のひとつ。 しくみ自体は「仕組債」と類似しているが、債券で…(続きを読む)

 資源国通貨(しげんこくつうか)

鉱物資源やエネルギー資源、農作物等のコモディティを生産・算出しそれを主に輸出している国の通貨をさします。 石油・石炭・…(続きを読む)

 自己資本(じこしほん;Net Worth)

総資産と総負債の差額のことです。 株主から預かった株主資本の合計額に利益剰余金などを加えたものです。 (続きを読む)

 自己資本比率(じこしほんひりつ)

総資産に対する自己資本(株主資本)の比率。 要するに、負債に対してどれだけの自己資本(株主資本)を保持しているかを示す…(続きを読む)

 事故情報(じこじょうほう)

金融分野では借金やローンなどの返済において、返済期間中に支払いがなされなかったり、支払いが遅延したりすることをさします…(続きを読む)

 資産三分法(しさんさんぶんぽう)

自分の持つ資産(財産)を異なる性質を持つ3つの資産に分けて投資(保有)せよというポートフォリオ理論です。 一般には、「現…(続きを読む)

 資産担保証券(しさんたんぽしょうけん:Asset Backed Securities)

アセットバック証券(ABS)とも呼ばれる有価証券のことです。 キャッシュフローを生み出す資産を担保として発行する証券で、売…(続きを読む)

 自社株買い(じしゃかぶがい)

自社が発行している株式を企業自体が取得することです。 自分で発行した株を自分で買い取ることになります。 従来は自社株買い…(続きを読む)

 市場外取引(しじょうがいとりひき)

証券取引所を経由せずに行われる証券取引のことです。 直接株の買い手(または売り手)を見つけて売買する相対取引や証券会社…(続きを読む)

 市場介入(しじょうかいにゅう)

金融市場に対して影響を与えることを目的として中央銀行(日銀など)が市場取引に参加することをさします。 (続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・11/25日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP