経済金融辞書1178語

 税額控除(ぜいがくこうじょ)

本来支払うべき税額から一定の金額を控除(差し引くことができる制度)。
例えば所得税の場合、課税所得金額に税率を掛けたものが所得税額となるが、その計算された所得税額から一定の金額を差し引くことができます。

 五十音順 前後の語句

 ストラングル(Strangle)

オプション戦略の一種です。 異なる行使価格と同じ満了日を持つコールオプションとプットオプションを合成したものです。 (続きを読む)

 SPAN証拠金(スパンしょうこきん)

日経平均先物取引、オプション取引を行う上で、証券会社が顧客投資家に対して求める証拠金(保証金)のベンチマークとなる金額…(続きを読む)

 スプレッド(Spread)

価格差のことをさします。 買値(Offer)と売値(Bid)の差を示し、通常はこのスプレッドが大きいほど市場においては流動性が…(続きを読む)

 スリッページ(Slip Page)

ストップロス注文などを出す際、通常は逆指値などで一定価格以下になったら損切り注文を出すというような注文を出していた際に…(続きを読む)

 スワップ(Swap)

金利や為替リスクを解消する目的で取引者同士が行うキャッシュフローの交換のことをさします。 (続きを読む)

 税込年収(ぜいこみねんしゅう)

所得税や社会保険料などを引かれる前の収入のことをさします。 一般的に年収という場合はこの税込年収のことをさします。 サラ…(続きを読む)

 政策金利(せいさくきんり:bank rate)

各国の中央銀行が普通銀行に対して融資をする際の金利のことをさします。 中央銀行による金融政策の一つとされており、好景気…(続きを読む)

 清算機関(せいさんきかん)

市場取引を清算する機関のことです。 クリアリング機構とも呼ばれます。 清算を行うだけでなく、契約の履行も保証します。 (続きを読む)

 政治的リスク(せいじてきリスク:Political Risk)

政情が不安定な国に対して投資するリスクのことです。 カントリーリスクともほぼ同義。 投資先の国の政治の混乱などにより投資…(続きを読む)

 制度信用取引(せいどしんようとりひき)

日本国内で行われる株式の信用取引における手段の一つです。 証券取引所が一定の基準を満たした銘柄のみが信用取引の対象とな…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/21日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP