経済金融辞書1178語

 三角保ち合い(さんかくもちあい)

テクニカル分析で利用される価格パターンの一種です。
一般的にボックス圏における相場の保ち合いを意味しており、三角保ち合いの後相場に動きが出るといわれています。
おおむね1ヶ月程度の保ち合いの後動意があるとされ、3ヶ月を超えることはほとんどありません。

 五十音順 前後の語句

 サムライ債(サムライさい)

日本国外の発行体が日本で発行する「円建て債券」のことをさします。 日本では1970年にアジア開発銀行が発行したものが最初。 …(続きを読む)

 サヤ(Spread)

価格差のことです。 スプレッドともいいます。 特に為替相場などでは良く使われる言葉で、買値と売値の差のことを言います。 …(続きを読む)

 ザラ場(ざらば)

株式取引における取引時間のうち、前場や後場といった相場が始まる時である「寄り」と相場が終るとき「引け」の取引開始と取引…(続きを読む)

 ザラバ方式(ざらばほうしき)

株価の値決めにおける方法のひとつ。 主にザラバ中(寄り付き後の取引時間中)の価格決定方式のため、ザラバ方式と呼ばれます…(続きを読む)

 サラリーマン大家

会社勤めなどのサラリーマンをやりながら、アパート経営やマンション投資などにより不動産に投資をしてダブルインカムを得てい…(続きを読む)

 三空(さんくう)

ローソク足を使ったチャート分析に関する用語の一つです。 陽線または陰線が3回連続で続き、それぞれの間に窓(ギャップ)があ…(続きを読む)

 三山(さんざん)

ローソク足を使ったチャート分析の一種です。 三尊・ヘッド&ショルダーとも呼ばれることがあります。 形状としては三つの山に…(続きを読む)

 算術平均(さんじゅつへいきん:Arithmetic Average)

平均の一種です。 全ての値の合計をその値の数で割ることで得られる最も一般的な平均値の算出法です。 (続きを読む)

 三尊(さんぞん)

テクニカル分析用語の一つです。 相場の反転を示唆するテクニカルパターンの中でも信頼できる(騙しが少ない)といわれていま…(続きを読む)

 残存期間(ざんぞんきかん:Current Maturity)

満期まで残っている期間のことで、主に債券を評価する際に重要視されます。 (続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/29日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP