経済金融辞書1178語

 債務超過(さいむちょうか:Insolvency)

偶発債務や予想債務を含む全ての負債総額が資産価値を上回る状態であることです。
支払不能。
要するに保有する資産を全て売却しても全負債をまかなうことができないという状態をさします。

 五十音順 前後の語句

 裁定買い残(さいていかいざん)

裁定取引における現物株の買い残のことをさします。 対義語は「裁定売り残」。 裁定取引は先物価格と現物価格の差が理論値以上…(続きを読む)

 裁定取引(さいていとりひき)

アービトラージとも呼ばれる取引手法の一つです。 金融市場において発生する価格差や金利差などが修正される過程を利用して利…(続きを読む)

 再投資(さいとうし:Reinvestment)

投資信託用語の一つです。 投資信託においてその運用資産を収益分配金として投資家に分配するのではなく、ファンド内部に留保…(続きを読む)

 最頻値(さいひんち)

統計で利用される値で、データにおいて最も頻繁に出現する値のことをさします。 算術平均や中央値などと同様に用いられ、歪み…(続きを読む)

 再保険(さいほけん)

保険を引き受けた保険会社が災害などによる巨額支払いに備えて加入する保険のことです。 保険会社は様々なリスクに対して保険…(続きを読む)

 酒田五法(さかたごほう)

罫線を使ったチャート分析の方法の一つです。 大きく、三山(三尊)、三川、三空、三兵、三法という5つの種類に分類された罫線…(続きを読む)

 先物取引(Futures)

将来の特定期日に決められた価格で定められた量だけ金融商品等を購入または売却する契約の事をさします。 フォワード契約(先…(続きを読む)

 先渡取引(さきわたしとりひき)

将来事前に設定された価格で金融資産や商品を購入または売却するという合意の事をさします。 先物取引とは異なり、取引所取引…(続きを読む)

 差金決済(さきんけっさい)

直接の現金の受け渡しを行わずに反対売買による差金で決済をする取引のことをさします。 たとえば、証拠金を預託して直接原資…(続きを読む)

 指値(さしね:Limit Order)

証券取引等において執行価格をあらかじめ指定する注文のことです。 買い注文の場合は上限価格を指定し、売り注文の場合は下限…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/21日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP