経済金融辞書1178語

 財政政策(ざいせいせいさく:Fiscal Policy)

税金や政府支出の実行などにより政府が予算を通じて景気に影響を与えることをさします。
大きく税制の変更(増税や減税)による歳入面財政政策と、公共事業や公共投資などによる歳出面からの財政政策があります。

 五十音順 前後の語句

 債券(さいけん:bond)

有価証券の一種で、あらかじめ利率や満期日などを定めた金銭債権の内容を実体化させて発行するものです(券面化されず電子的に…(続きを読む)

 最後の貸し手(さいごのかして:Lender of Last Resort)

中央銀行が果たす主要機能の一つです。 危機的状況に陥った金融機関が資金調達手段を見つけることができない場合に、中央銀行…(続きを読む)

 サイコロジカルライン(Psychological Line)

サイコロとも呼ばれるオシレーター系のチャート分析の一種です。 サイコロジカルとは心理的なという意味があり、株価の上昇が…(続きを読む)

 最終利回り(さいしゅうりまわり:YTM)

債券投資における指標の一つです。 投資した債券等を満期(償還時)まで保有した場合の1年あたりのクーポン収入(利息部分)と…(続きを読む)

 財政収支(ざいせいしゅうし:Fiscal Balance)

税収に対して資産売却で得た収入を加えた額から、政府支出を差し引いた額をさします。 この財政収支が黒字か赤字かで財政黒字…(続きを読む)

 催促相場(さいそくそうば)

企業や政府などに対して決定等を促すために株価を始めとした相場の動きによってそれを推し進めさせようとする相場状況をさしま…(続きを読む)

 裁定売り残(さいていうりざん)

株式先物取引等における未決済の現物ショート残高。 株式先もtの取引の裁定取引における「現物売り・先物買い」の裁定取引にお…(続きを読む)

 裁定買い残(さいていかいざん)

裁定取引における現物株の買い残のことをさします。 対義語は「裁定売り残」。 裁定取引は先物価格と現物価格の差が理論値以上…(続きを読む)

 裁定取引(さいていとりひき)

アービトラージとも呼ばれる取引手法の一つです。 金融市場において発生する価格差や金利差などが修正される過程を利用して利…(続きを読む)

 再投資(さいとうし:Reinvestment)

投資信託用語の一つです。 投資信託においてその運用資産を収益分配金として投資家に分配するのではなく、ファンド内部に留保…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・12/02日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP