経済金融辞書1178語

 年金現価係数(ねんきんげんかけいすう)

元本を一定の利率で複利運用しながら、一定の金額を毎年取り崩すとした場合、現在いくらの元本が必要になるのかという係数のことです。
一定の利率で複利運用する場合で、希望する年金額を受け取るために必要となる年金原資の金額を求める際に利用します。
複利年金現価率とも呼ばれます。

 五十音順 前後の語句

 ネガティブサプライズ(Negative Surprise)

予想外に悪い経済指標や決算などが発表されたことによる動揺のことを指すマーケット用語です。 株価や為替レートなどが織り込…(続きを読む)

 ネッティング(Netting)

差金決済(差額決済)のことです。 保有する債務と債権を差額にて決済することができる仕組みのことです。 (続きを読む)

 ネット専業銀行(ネットせんぎょうぎんこう)

銀行サービスのほぼすべてをオンライン(インターネット)上で完結させる銀行のことです。 明確な定義はないが、基本的に預金…(続きを読む)

 値幅制限(ねはばせいげん)

一日における取引で容認されている上下の値動きの幅のことです。 証券取引所などが設定するものでこれを超えると売買停止とな…(続きを読む)

 年間取引報告書(ねんかんとりひきほうこくしょ)

証券会社において特定口座を開設している投資家に対して証券会社が交付する取引書類のことです。 1年間における株式等における…(続きを読む)

 年金終価係数(ねんきんしゅうかけいすう)

一定期間一定利率で毎年一定の金額を複利で積立運用した場合、将来いくらの金額になるのかを示す係数のことです。 ファイナン…(続きを読む)

 年初来安値(ねんしょらいやすね)

今年1年における新安値のことをさします。 その年が始まってから現在のまでのうちでもっとも安い株価のことです。 なお、証券…(続きを読む)

 年末調整(ねんまつちょうせい)

給料から税金等が源泉徴収されているサラリーマンにおいて毎年1月から12月までの税金について調整するしくみのことです。 会社…(続きを読む)

 年末調整(ねんまつちょうせい)

給与所得者の所得税について年末に事業者(源泉徴収義務者)が源泉徴収した所得税について再計算等を行って過不足を調整するこ…(続きを読む)

 ノーロードファンド(No Load)

投資信託等を販売する際に、手数料(販売手数料)が徴収されないことをさします。 (続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/20日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP