経済金融辞書1177語

 目論見書(もくろみしょ)

有価証券の募集または売出しを行う際、投資家に対して交付される文書のことです。
募集・発行される有価証券の詳細な情報を記した書類で、株式、社債(債券)、投資信託などの発行時、証券会社は投資家にこの目論見書を渡さなければなりません。

 五十音順 前後の語句

 銘柄コード(めいがらコード)

証券取引所に上場し取引される企業に付される符丁のことで、日本の場合4桁の数字で表しています。 証券コードとも呼ばれます。…(続きを読む)

 名義書き換え(めいぎかきかえ)

株式の名義の変更を行うことです。 名義書き換えは基本的にはその株式を管理している信託銀行で手続きを行います。 ただし、証…(続きを読む)

 明記物件(めいきぶっけん)

火災保険において1個または1組の価格が30万円などを超える貴金属や宝石、骨董品などをさします。 これらの明記物件は火災保険…(続きを読む)

 名義預金(めいぎよきん)

形式上、配偶者や子供、孫などの名義で作られている銀行口座およびその預金であるが、収入や入金の敬意などから考えて、実質的…(続きを読む)

 名目金利(めいもくきんり)

物価の上昇や下落を考慮しない表面上の金利のことをさします。 定期預金などをはじめとした金融商品や債券金利などはこの名目…(続きを読む)

 持たざるリスク(もたざるリスク)

上昇相場において株などの金融商品を買わないことによって発生するリスクのことをさします。 特に機関投資家やファンドなどで…(続きを読む)

 持ち株比率(もちかぶひりつ)

ある特定の株主が保有している株式の数が、その株式を発行している企業の発行済株式総数に対してどの程度の比率であるのかをし…(続きを読む)

 戻り高値(もどりたかね)

株式相場や為替相場などにおいて下落していた株価等が、反発してつけた最高値の事をさします。 戻り天井とも。 対義語は戻り安…(続きを読む)

 物言う株主(ものいうかぶぬし)

株主の中でも企業の意見に賛同するのではなく、自分の要求を突き付けて企業の方向性などに積極的に関与する株主をさします。 …(続きを読む)

 モメンタム(Momentum)

相場の動きなどについて用いられる言葉で方向性や勢いという意味。 相場のモメンタムは強いという場合は相場の方向性・勢いは…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/20日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

エクセル用無料ファイル(四本値&インジケーター)
・各種ファイルは利用者の共有資料です。(ダウンロードフリー)

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP