経済金融辞書1178語

 クーポンストリッピング(Coupon Stripping)

債券からクーポン部分を切り離して元本部分とクーポン部分を別個に取引できるようにすることをさします。
ゼロクーポン債の標準的な作り出し方となります。

 五十音順 前後の語句

 金利スワップ(きんりスワップ:Interest Rate Swap)

同一通貨の異なる種類の金利の間でのキャッシュフローを交換する取引のことです。 一般的には、変動金利と固定金利におけるキ…(続きを読む)

 金利敏感株(きんりびいんかんかぶ)

金利動向が業績に対して大きな影響を与える株式銘柄群をさします。 多額の借入金などをかかえる資本集約的な業種が多くありま…(続きを読む)

 金利リスク(きんりリスク)

市場金利が変動することにより投資元本の変動や受け取り利息、支払い利息等が変動するリスクのことをさします。 金融・投資の…(続きを読む)

 空室リスク(くうしつりすく)

アパートやマンションなどの賃貸物件に対して投資をした場合、その物件に対して入居者(店子)が入らないリスクのことです。 …(続きを読む)

 クーポン(Coupon)

債券に支払われる金利を、額面価格に対するパーセント(百分率)で示したものです。 確定クーポン付き債券の場合、年に1回~2…(続きを読む)

 クオンツ(Quants)

数学的なテクニックを使って市場を分析したり、投信戦略、新たな金融商品の開発などをおこなう専門家のことです。 Quantitativ…(続きを読む)

 クオートドリブン(Quote Driven)

登録されたマーケットメイカー(主に証券会社など)が買値と売値を提示した上で、投資家がそれらのマーケットメイカーが出す気…(続きを読む)

 クズネッツの波(Kuznets swings)

景気循環の一種で、約20年にわたる周期での景気の循環をさします。 米国の経済学者クズネッツがその存在を主張したことから「…(続きを読む)

 口先介入(くちさきかいにゅう)

一般に為替レート(為替相場)に対して政府高官や通貨当局などが現在の為替レートについて言及を行うことです。 マーケットに…(続きを読む)

 クラウドファンディング(crowd funding)

インターネットなどを通じて不特定多数の人が特定の人・組織に対して財政的な協力(資金の拠出)を行うことをさします。 不特…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/26日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP