経済金融辞書1178語

 コマーシャルペーパー(Commercial Paper)

CPとも呼ばれ、短期の無担保約束手形。
割引方式(金利分を額面から差し引いて販売する方式。
満期日に提示することで額面分を受け取れるので、差し引き分が金利相当となる)で発行され、金額と満期日を特定して発行されます。

 五十音順 前後の語句

 固定資産(Fixed Assets)

企業が販売を目的 せずに数年間使用を継続する目的で購入した資産のことをさします。 固定資産は大きく「有形固定資産」「無形…(続きを読む)

 固定相場制(こていそうばせい)

資産間の価値の間に固定された交換レートまたは中心レートをもっているシステムのことです。 通常は通貨間の交換比率が固定さ…(続きを読む)

 後場(ごば)

昼の休憩をはさんで日中取引を午前と午後の二場に分けて行う株取引において、午後におこなわれる立会時間のことをいいます。 …(続きを読む)

 個別元本(こべつがんぽん)

投資家が投資信託を購入した時点での基準価額の事をさします。 ファンドの取得原価のようなものです。 なお、個別元本には取得…(続きを読む)

 個別競争売買(こべつきょうそうばいばい)

株式市場におけるザラ場時間中での取引方法の一つです。 取引所に出されている売買注文の中から「最も低い呼び値の売り注文」…(続きを読む)

 COMEX(コメックス::New York Mercantile Exchange and Commodity Exchange Inc)

二ューヨークに所在するニューヨーク・マーカンタイル取引所の一部門の名称です。 商品先物取引所の一つでニューヨークにある…(続きを読む)

 コモディティ(commodity)

商品先物取引所などで取引される「商品」のことです。 商品といっても「goods(製品)」ではなく、原油やガスなどのエネルギー…(続きを読む)

 混合経済(こんごうけいざい:Mixed Economy)

計画経済と市場経済の中間的段階にある経済構造のことです。 全般的には自由市場的な経済活動が行われる一方、一部セクターが…(続きを読む)

 雇用統計(こようとうけい)

労働者の雇用に関する指標のことです。 一般に雇用統計と呼ぶ場合はアメリカ労務省が毎月第1金曜日に発表する指標のことをさし…(続きを読む)

 コンセンサス(Consensus)

1株あたりの利益や配当、PERなどについてアナリストが示した予想の平均値のことをさします。 市場コンセンサスなどともいいま…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/21日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP