経済金融辞書1178語

 コール(Call)

オプション取引の一種です。
オプション保有者に対して原資産を購入する権利を付与するものです。
オプションの買い手に対して、事前に決められた一定価格において原資産(株指数など)を買う権利を与える契約となります。

 五十音順 前後の語句

 公募増資(こうぼぞうし:Public Offering)

株式会社が新しい株式を発行するに当たって(増資をするにあたって)、不特定多数の投資家に対して広く取得の申込募集を行うこ…(続きを読む)

 公定歩合(こうていぶあい)

中央銀行が政府発行証券を割引したり、それらを担保として融資を提供する際に適用する金利のことをさします。 (続きを読む)

 小売売上高(こうりうりあげだか)

名前の通り小売業の売上高のことです。 米国での統計が有名。 百貨店などをはじめとした小売業に対するアンケート調査を元に発…(続きを読む)

 効率的市場仮説(こうりつてきしじょうかせつ)

投資評価において必要な情報は瞬時に伝達されてその情報がすぐに有価証券等の価格に反映される市場(効率的市場)における、市…(続きを読む)

 コーラブル・ボンド(Collable Bond)

コーラブル債ともよばれる債券の一種です。 事前設定された償還価格と償還期日により繰上げ償還を請求する権利を保有者に対し…(続きを読む)

 ゴールデンクロス(Golden Cross)

移動平均線を利用したチャート分析法の一つです。 短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上に突き抜けるようなチャート…(続きを読む)

 小型株(こがたかぶ)

発行済株式総数が小さく、値動きが軽い銘柄のことです。 発行済み株式総数が6000万株未満の株が小型株となります。 また、時価…(続きを読む)

 顧客指値対当方式(こきゃくしすうたいとうほうしき)

現在はPTS取引(SBIジャパンネクストPTS)にて採用されている売買・価格決定方式のことです。 ある株式を300円で1000株の買い注…(続きを読む)

 国際決済銀行(こくさいけっさいぎんこう)

通称BISと呼ばれる国際機関のひとつ。 G10各国の中央銀行により組織される機関で、国際金融子女の安定を図るため、民間銀行に…(続きを読む)

 国際復興開発銀行(こくさいふっこうかいはつぎんこう:IBRD)

一般に世界銀行(世銀)とも呼ばれる国際機関の一つです。 国連所属で、第二次世界大戦後の経済的な復興を援助する目的で設立…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/28日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP