経済金融辞書1178語

 後配株(こうはいかぶ)

種類株の一つです。
優先株
反対に、残余財産や配当金を受け取る権利が普通株よりも遅れる株式のことをさします。
劣後株と呼ばれることもあります。
一般的にこの株を持つメリットは投資家にはないため、一般に発行されることはまずありません。

 五十音順 前後の語句

 口座貸越(こうざかりこし)

銀行総合口座に口座を持っている人が、定期預金として預金している金額のうち、一定の範囲内について、普通預金口座で残高不足…(続きを読む)

 行使価格(こうしかかく)

オプション取引においてあらかじめ合意された価格のことです。 オプションの買い手が当該オプションを行使することができる価…(続きを読む)

 公社債投資信託(こうしゃさいとうししんたく)

公社債投信とも略される投資信託の一種です。 投資信託の中でも代表的な投資信託であり、株式を1単位たりとも組み入れることな…(続きを読む)

 膠着相場(こうちゃくそうば)

相場における価格の上下幅が小さく、狭い取引レンジでの売買が行われる状態が続いていることをさします。 もみ合い、レンジ相…(続きを読む)

 行動経済学(こうどうけいざいがく:Behavioral economics)

すべての人が合理的に動くという従来の経済学の前提ではなく、現実の人間による実験等を通じて人がどのような選択を行い、その…(続きを読む)

 購買力平価(Purchasing Power Parity)

世界各国における物価(生活水準)を比較するための経済指標の一つです。 頭文字をとってPPPともいいます。 (続きを読む)

 公募価格(こうぼかかく)

株式の公募増資がある場合に直接投資家に販売される価格のことです。 募集価格とも呼ばれます。 なお、公募売出しの場合は売出…(続きを読む)

 公募増資(こうぼぞうし:Public Offering)

株式会社が新しい株式を発行するに当たって(増資をするにあたって)、不特定多数の投資家に対して広く取得の申込募集を行うこ…(続きを読む)

 公定歩合(こうていぶあい)

中央銀行が政府発行証券を割引したり、それらを担保として融資を提供する際に適用する金利のことをさします。 (続きを読む)

 小売売上高(こうりうりあげだか)

名前の通り小売業の売上高のことです。 米国での統計が有名。 百貨店などをはじめとした小売業に対するアンケート調査を元に発…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/19日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP