経済金融辞書1178語

 競争入札(きょうそうにゅうさつ)

単純に入札とも呼ばれ、売買契約などにおいて最も有利な条件を提示するものと系や甲を締結するために複数の契約希望者から内容や入札金額を提示させて内容や金額から契約者を決める方法のことです。

 五十音順 前後の語句

 教育資金贈与信託(きょういくしきんぞうよしんたく)

信託銀行が提供する信託サービスの一つです。 2013年4月より孫への教育資金の贈与を非課税とする税制改正が行われ、これにとも…(続きを読む)

 共益権(きょうえきけん)

株主の持つ権利の一つです。 会社の利益や株主全体に対して影響を及ぼす権利のことで、経営に対する参加権のことをさします。 …(続きを読む)

 供給(きょうきゅう:Supply)

製品や商品、サービスなどを提供する経済活動のことです。 要するに提供することができる商品やサービスの数量です。 対義語は…(続きを読む)

 業種別株価指数(ぎょうしゅべつかぶかしすう:Sector Index)

株式市場における複合指数の一つで特定業種の相場動向を反映したものです。 (続きを読む)

 強制決済(きょうせいけっさい)

信用取引や外国為替証拠金取引など、証拠金を預け元本以上の投資をおこなっている場合、特定の条件・ルールの下で証券会社や取…(続きを読む)

 協調介入(きょうちょうかいにゅう)

各国のの中央銀行(日銀など)が事前の取り決めにより外国為替市場に対して同時介入することをさします。 為替介入において乱…(続きを読む)

 ギリシャ危機(ギリシャきき)

2010年に発覚したギリシャの財政赤字の隠蔽発覚から明るみになったことが発端の経済危機のことです。 信用格付け会社によるギ…(続きを読む)

 銀行券ルール(ぎんこうけんるーる)

日本銀行(日銀)が定めている決まりで、日銀が引き受けを行う長期国債の総額を日本銀行券の流通残高以下に収めるというルール…(続きを読む)

 銀行同盟(ぎんこうどうめい)

欧州単一通貨である「ユーロ」を使用する通貨同盟と同様に、欧州における銀行の監督、破たん処理、預金保護等の仕組みを一本化…(続きを読む)

 金庫株(きんこかぶ)

企業が自己の勘定において自社の株式を買い手元においている株式のことです。 2001年に商法が改正され目的を問わず自社株を金…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・11/25日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP