経済金融辞書1178語

 ギアリング比率(Geraring)

企業が保有する他人資本(負債)に対する自己資本(資本金)の比率。
企業の債務支払能力を示す財務指標の一つです。
デリバティブ市場におけるレバレッジ。

 五十音順 前後の語句

 カントリーリスク(Country Risk)

特定の国に対して投資や融資などを行う際におけるリスクのことです。 ソブリンリスクとも呼ばれます。 (続きを読む)

 還付申告(かんぷしんこく)

既に納付した税金のうち、支払いすぎていた税金分を還付してもらう申告のことです。 例えば特別徴収されているサラリーマン(…(続きを読む)

 ガンマ(Gamma:γ)

オプションにおける原資産の価格変化に対するデルタ(δ)の変化度合いを示した数値のことです。 (続きを読む)

 元利継続(がんりけいぞく)

定期預金や外貨定期預金等において、満期を迎えた預金の継続方法の一つです。 前回までの預金の元金部分とその預金で得られた…(続きを読む)

 監理銘柄(かんりめいがら)

証券取引所において上場企業の株が上場基準を満たさなくなった恐れがあると判断した銘柄のことです。 監理ポストと呼ばれる特…(続きを読む)

 機械受注(きかいじゅちゅう)

代表的なマクロ経済指標の一つです。 日本の場合は内閣府経済社会総合研究所が毎月発表。 製造業の出荷・在庫・新規受注・受注…(続きを読む)

 機会損失(きかいそんしつ)

取引をしないこと(意思決定を行わないこと)によって、取引をした場合と比較した場合の差額のことです。 実際に発生する損失…(続きを読む)

 機関投資家(きかんとうしか:Institutional Invester)

大規模な資本を金融市場に対して投資する様々な金融機関や組織のことです。 外国人投資家も機関投資家に含まれます。 (続きを読む)

 機関保証(きかんほしょう)

融資などを受ける際にその融資の保証を保証機関や保証会社などが行うことです。 融資において保証人や連帯保証人が必要なケー…(続きを読む)

 疑義注記(ぎぎちゅうき)

正確には「継続企業の前提に関する注記」のことです。 「継続企業の前提(ゴーイングコンサーン)」に対して危険信号が伴う場…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/25日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP