経済金融辞書1178語

 継続企業の前提(けいぞくきぎょうのぜんてい:Going Concern)

企業というものが無期限に事業を恵贈するものという前提のことをさします。
企業は単年度で事業を清算するものではなく、永続的に事業をすすめていく(倒産せずに発展し続ける)という意味。
ゴーイングコンサーンとも。

 五十音順 前後の語句

 経済指標(けいざいしひょう:Economic Indicators)

経済の現況についての情報を提供するデータのことです。 経済指標には様々なものがあり、今後の景気動向の手がかりとなること…(続きを読む)

 経済成長率(けいざいせいちょうりつ:economy's growth)

一国における経済規模が殿程度拡大したのかを示す割合のことです。 多くの場合はGDP(国内総生産)の増加率により表されます。 (続きを読む)

 経済的付加価値(けいざいてきふかかち:EVA)

企業の収益性を評価する手法の一つで、コンサルタント会社スチュワート社が考案したものです。 総資本コストを税引営業利益か…(続きを読む)

 経常収支(けいじょうしゅうし:Current Account)

輸出入をはじめとした貿易収支と、サービス等の貿易外収支、対価の伴っていない移転収支を合計したものをさします。 (続きを読む)

 経常利益(けいじょうりえき:けいつね)

企業が通常の業務から得る利益の事をさします。 売上から売上にかかるコスト(原価)を引いた営業利益に対して、本業以外の収…(続きを読む)

 ゲーム理論(ゲームりろん theory of games)

相互に作用する複数あるいは単独の主体が行う行動や振る舞いなどに関する研究分野のことです。 子供の行うようなゲームとは関…(続きを読む)

 決済機関(けっさいきかん:Clearing System)

証券の所有権の移転処理などを簡単に行うための決済機関です。 クリアリングシステム、クリアリング機構などとも呼ばれます。 (続きを読む)

 決済用預金(けっさいようよきん)

利息が付かない普通預金、当座預金、別段預金をさします。 定義としては「無利息」「要求払い」「決済サービス提供」という3つ…(続きを読む)

 決算公告(けっさんこうこく)

会社法の規定に基づいて公告される財務情報の開示のことです。 1会計年度終了後、定時株主総会の終結後に遅滞なく会社が定款に…(続きを読む)

 決算短信(けっさんたんしん)

上場企業が決算発表時期に作成する決算情報のことです。 形式は共通。 1事業年度における業績や財務などの状況を総合的に示す…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・11/25日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP