経済金融辞書1178語

 カントリーリスク(Country Risk)

特定の国に対して投資や融資などを行う際におけるリスクのことです。
ソブリンリスクとも呼ばれます。

 五十音順 前後の語句

 為替レート(かわせレート:Exchange Rate)

外国為替取引におけるそれぞれの通貨間の取引レート(交換比率)のことです。 近代における通貨は各国の政府または中央銀行が…(続きを読む)

 買われすぎ(かわれすぎ)

経済や財務のファンダメンタル要因による適正な水準よりも価格が上昇しすぎている状態をさします。 (続きを読む)

 元金継続(がんきんけいぞく)

定期預金や外貨定期預金等の預金商品において、満期を迎えた際、元金部分のみを同じ期間の定期に再預金するとともに、受け取っ…(続きを読む)

 換金性(かんきんせい)

現金への交換のしやすさをさします。 投資用語としては流動性、市場性と呼ばれることも多くあります。 その容易性のほか、手数…(続きを読む)

 間接金融(かんせつきんゆう)

資金の融通において「銀行」が仲介することで、資金の借り手と貸し手を結びつけるシステムのことをさします。 融通におけるリ…(続きを読む)

 還付申告(かんぷしんこく)

既に納付した税金のうち、支払いすぎていた税金分を還付してもらう申告のことです。 例えば特別徴収されているサラリーマン(…(続きを読む)

 ガンマ(Gamma:γ)

オプションにおける原資産の価格変化に対するデルタ(δ)の変化度合いを示した数値のことです。 (続きを読む)

 元利継続(がんりけいぞく)

定期預金や外貨定期預金等において、満期を迎えた預金の継続方法の一つです。 前回までの預金の元金部分とその預金で得られた…(続きを読む)

 監理銘柄(かんりめいがら)

証券取引所において上場企業の株が上場基準を満たさなくなった恐れがあると判断した銘柄のことです。 監理ポストと呼ばれる特…(続きを読む)

 ギアリング比率(Geraring)

企業が保有する他人資本(負債)に対する自己資本(資本金)の比率。 企業の債務支払能力を示す財務指標の一つです。 デリバテ…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・11/30日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP