経済金融辞書1178語

 片端入れ(かたはいれ)

金利・利息計算方法の一つで、利息計算初日または終了日の片方のみを入れて金利計算することをさします。
両方を入れて計算する場合を「両端入れ」と呼びます。
一般的には預金利息計算などが片端入れで行われます。

 五十音順 前後の語句

 加重移動平均(かじゅういどうえひきん)

直近の価格や値動きに対してより比重を置いた移動平均のことです。 単純移動平均と比べて直近価格に対する反応度・感応度が高…(続きを読む)

 加重平均資本コスト(WACC)

投資対象が十分な利益を生み出すかどうかを判断する際に用いる財務分析の一種です。 債務と自己資本コストの加重平均のことで…(続きを読む)

 過剰流動性(かじょうりゅうどうせい)

経済の取引規模を上回った状態で通貨が流通している状況で金融緩和が進みすぎた状態のことです。 通貨当局(中央銀行、日本の…(続きを読む)

 カストディー(Custody)

証券の保管や保護預かり、所有権に関する正確な記録管理を行うという意味。 国内投資家の外国証券投資や海外投資家の国内証券…(続きを読む)

 課税の三原則(かぜいのさんげんそく)

税金という社会維持のために強制的に徴収されるものであるからこそ、原則に従い誰もが納得できる形で構成されなければならない…(続きを読む)

 CAC40(カック40:CAC40 index)

CAC40種指数とも呼ばれるフランスにおける代表的な株価指数の一つです。 名前の通り40の代表銘柄により構成されています。 (続きを読む)

 合併(がっぺい)

2社以上の会社(企業)が結合することです。 広義では買収も合併の一種です。 企業再編手法の一つであり、法人と法人が結合す…(続きを読む)

 カナダドル(Canadian dollar)

カナダの通貨。 国際通貨コード(ISO4217)はCAD。 補助通貨はセント。 カナダ国内の他、一部の北米においても使用されること…(続きを読む)

 カバードコール(Covered Call)

オプション戦略の一つです。 現物資産を保有したまま、コールオプションを売る戦略のことです。 (続きを読む)

 カバー取引

相対取引の金融取引において、取引の引き受け手がリスク回避のために、引き受けた注文と同じ注文を別の金融機関に対して行うこ…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/28日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP