経済金融辞書1178語

 貸株注意喚起(かしかぶちゅういかんき)

証券金融会社が空売り(売り建て)に必要な株券の調達が困難となる恐れがある場合におこなう注意喚起措置。
これにより逆日歩(品貸料)が発生するリスクが高いことや、今後もこの状況が続け(悪化すれ)ば売り禁(新規空売りおよび現引きの停止措置)となる恐れがあることを示しています。

 五十音順 前後の語句

 確定利付債(かくていりつきさい)

事前に定められた時期(半年ごとが一般的)にあらかじめ定められた一定額の利子を支払う形式となっている債券をさします。 固…(続きを読む)

 カクテルスワップ(Cocktail Swap)

大規模な融資などのリスクを分散させるために金利や為替などの様々なスワップを組み合わせたものをさします。 (続きを読む)

 額面価格(がくめんかかく)

名目上の価格のことです。 債券や証券などに特定の権利を明記した券面自体にかかれた名目価値のことです。 債券の場合は、満期…(続きを読む)

 火災保険(かさいほけん)

損害保険の一種で、建物や家財道具などの設備が火災や風水害などにより損害を受けた場合、その損害を補填するための保険です。…(続きを読む)

 貸株サービス(Stock Lending)

投資家が保有する株券を証券会社に一時的にレンタルすることにより、証券会社より貸株料とよばれる金利を受け取ることができる…(続きを読む)

 貸株料(かしかぶりょう)

信用取引におけるコストの一つです。 証券金融会社が証券会社を通じて、信用取引の売り方(空売りをしている投資家)から徴収…(続きを読む)

 貸倒れリスク(かしだおれりすく)

債務者の返済能力が低下することにより、債権が回収できない(不良債権化する)リスクのことをさします。 信用リスクとも呼ば…(続きを読む)

 瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)

ある物に対して一般的に備わっていて当然の機能が備わっておらず(瑕疵)、それを買主がこれを知らずに、そのために契約目的を…(続きを読む)

 貸付信託(かしつけしんたく)

信託銀行が多数の委託者(投資家)から集めた信託金を長期貸付などで運用して、そこから生じる収益を信託している元本に応じて…(続きを読む)

 加重移動平均(かじゅういどうえひきん)

直近の価格や値動きに対してより比重を置いた移動平均のことです。 単純移動平均と比べて直近価格に対する反応度・感応度が高…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・11/30日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP