経済金融辞書1178語

 解約返戻金(かいやくへんれいきん)

生命保険契約を満期前で解約した場合に戻ってくる積立部分(責任準備金)のことです。
保険会社によっては解約払戻金などとも呼ばれることもあります。
保険の加入期間が長いほど、保険の貯蓄性が高いほど、解約返戻金の額は大きくなるのが一般的。

 五十音順 前後の語句

 回転売買(かいてんばいばい)

証券会社等の顧客ポートフォリオにおいて証券会社が委託手数料を稼ぐことを目的として売買を繰り返すことです。 (続きを読む)

 買い長(かいなが)

信用取引において買い残(買い建て玉の残高)が、売り残(空売りの残高)よりも多い状態をさします。 売り長の対義語として使…(続きを読む)

 買戻し(かいもどし)

ショートの状態にあるポジションを手仕舞いするために行う、証券や資産の買戻しを行うことをさします。 ベアカバリングとも呼…(続きを読む)

 買いヘッジ

ヘッジ取引の一種です。 ショートポジションを持っているが、その後の値上がりによる損失をヘッジするために先物市場で買いを…(続きを読む)

 解約請求(かいやくせいきゅう)

投資信託の換金方法の一つです。 解約請求は受益者(投資家)が投資信託会社(運用会社)に対して販売会社(証券会社)を通じ…(続きを読む)

 乖離率(かいりりつ)

直近の終値と単純移動平均との差を百分率(パーセンテージ)で示したテクニカル分析に用いられる指標の一つです。 トレンドに…(続きを読む)

 価格弾力性(かかくだんりょくせい)

製品やサービスの価格変動によって需要・共有が変化する度合をしめすものです。 需要と供給では、需要が増大すれば価格は上昇…(続きを読む)

 カウンターパーティー(Counter Party)

カウンターパーティー 取引の相手方のこと、または取引相手である金融機関のことです。 (続きを読む)

 価格変動リスク(かかくへんどうリスク:Price fluctuation risk)

投資対象の価格(市場価格)が変動することによるリスク。 価格変動リスクが大きい投資商品ほど、値動き(ボラティリティ)が…(続きを読む)

 価格優先の原則(かかくゆうせんのげんそく)

オーダードリブン市場における価格決定のルールのひとつ。 売買注文を成立させる際、成行注文が指値注文に対して優先されます…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/01日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP