経済金融辞書1178語

 外需関連株(がいじゅかんれんかぶ)

関連株の一つで、主に海外の需要などが自社の業績に大きな影響を与える企業のことをさします。
一般的には自動車、鉄鋼、精密機械などが日本における代表的な外需関連株であるといえる。

 五十音順 前後の語句

 外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)

FXとも呼ばれる為替取引の手法の一つです。 外貨保証金取引、通貨証拠金取引などとも呼ばれます。 日本では1998年に外国為替に…(続きを読む)

 外国銀行(がいこくぎんこう)

金融庁区分では日本国外に本店があり日本国内に支店を持つ銀行のことです。 日本以外の銀行と言う意味ではありません。 ただし…(続きを読む)

 買い越し(かいこし)

信用取引などの清算取引において、ある一定期間(1日、1週間など)において買い注文(新規買い建て)の数量が売り注文(新規売…(続きを読む)

 会社型投資信託(かいしゃがたとうししんたく)

日本では「投資法人」とも呼ばれる投資信託の運用形態。 1998年に投資信託法(証券投資信託及び証券投資法人に関する法律)が…(続きを読む)

 会社四季報(かいしゃしきほう)

東洋経済社が年に4回発売している日本の上場企業に関するハンドブック。 昔から投資家必携の書籍として重宝されています。 上…(続きを読む)

 買い手市場(かいてしじょう)

売り手の方が買い手よりも多い相場状況や経済状況をさします。 売り手市場の対義語です。 (続きを読む)

 回転売買(かいてんばいばい)

証券会社等の顧客ポートフォリオにおいて証券会社が委託手数料を稼ぐことを目的として売買を繰り返すことです。 (続きを読む)

 買い長(かいなが)

信用取引において買い残(買い建て玉の残高)が、売り残(空売りの残高)よりも多い状態をさします。 売り長の対義語として使…(続きを読む)

 買戻し(かいもどし)

ショートの状態にあるポジションを手仕舞いするために行う、証券や資産の買戻しを行うことをさします。 ベアカバリングとも呼…(続きを読む)

 買いヘッジ

ヘッジ取引の一種です。 ショートポジションを持っているが、その後の値上がりによる損失をヘッジするために先物市場で買いを…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/27日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP