経済金融辞書1178語

 不労所得(ふろうしょとく:unearned income)

労働の対価として受け取るのではない所得のことをさします。
働かなくても得られる収入という意味で用いられます。
債券や預金、株などの利子や配当といったインカムゲインや株や不動産などの売買によるキャピタルゲインなどがあります。
資産性、権利性の強い所得全般。

 五十音順 前後の語句

 フルローン(Full Loan)

一般に不動産投資において投資対象となる物件の全額について銀行からの融資でまかなえる状態または条件のことをさします。 全…(続きを読む)

 ブレイク(Brake)

相場用語として使われる場合、上値抵抗線や下値支持線といった節目を超えることをさします。 移動平均価格、心理的節目、一目…(続きを読む)

 プレースメント

新株の発行を私募(しぼ)形式によりおこなう方法をさします。 一般的には個人投資家向けではなく、機関投資家に対して直接お…(続きを読む)

 ブレトンウッズ体制(Bretton Woods Agreements)

1945年より発効した為替に関する協定のことです。 金1オンスと35米ドルを固定とし、その米ドルに対して各国通貨の交換レートを…(続きを読む)

 プレミアム(Premium)

投資用語としてオプション取引においてオプションの買い手がオプションの売り手に対して支払う価格のことです。 本質的価値と…(続きを読む)

 プロ株主(ぷろかぶぬし)

いわゆる総会屋のことです。 (続きを読む)

 プロキシーファイト(Proxy Fight)

委任状闘争とも呼ばれ株主総会においてある議案について議決権を獲得するために、第三者株主の委任状をめぐり、一般的には大株…(続きを読む)

 不渡り(ふわたり)

支払い期日が定められている手形や小切手の支払いが当座預金の残高不足等により応じられないことをさします。 こうして不渡り…(続きを読む)

 分散投資(ぶんさんとうし:diversification)

投資におけるリスクヘッジの一つです。 投資の対象、時間、種類を分散させることによりそれぞれが持つリスクを分散させること…(続きを読む)

 分別管理(ぶんべつかんり)

証券会社が顧客投資家からの預かり資産と自己(自社)の資産とを明確に区分して管理することにより、万が一証券会社が破綻した…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/27日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP