経済金融辞書1178語

 ブレイク(Brake)

相場用語として使われる場合、上値抵抗線や下値支持線といった節目を超えることをさします。
移動平均価格、心理的節目、一目均衡表の雲など様々な「節目」が株価や為替レートには存在するがそうした節目を超えることを「ブレイクする」と呼びます。

 五十音順 前後の語句

 フルサービスブローカー(Full Service Brokerage)

ディスカウントブローカーの対義語として用いられます。 ディスカウントブローカーが手数料などが格安なネット証券、ネット銀…(続きを読む)

 ふるさと納税(ふるさとのうぜい)

居住していない任意の自治体に寄付をすることで寄付した額のほぼ全額を税額控除される制度。 個人住民税の範囲など多少の制限…(続きを読む)

 ブルスプレッド(Bull Spread)

オプション戦略の一種です。 同じ限月のコールオプションのうち、権利行使価格の高いコールオプションを売り、低いコールオプ…(続きを読む)

 ブル相場(Bull market)

強気相場(上昇相場)のことをさします。 雄牛は角を上に突き上げる姿からこのように呼びます。 対義語はベア相場。 様々な形…(続きを読む)

 フルローン(Full Loan)

一般に不動産投資において投資対象となる物件の全額について銀行からの融資でまかなえる状態または条件のことをさします。 全…(続きを読む)

 プレースメント

新株の発行を私募(しぼ)形式によりおこなう方法をさします。 一般的には個人投資家向けではなく、機関投資家に対して直接お…(続きを読む)

 ブレトンウッズ体制(Bretton Woods Agreements)

1945年より発効した為替に関する協定のことです。 金1オンスと35米ドルを固定とし、その米ドルに対して各国通貨の交換レートを…(続きを読む)

 プレミアム(Premium)

投資用語としてオプション取引においてオプションの買い手がオプションの売り手に対して支払う価格のことです。 本質的価値と…(続きを読む)

 不労所得(ふろうしょとく:unearned income)

労働の対価として受け取るのではない所得のことをさします。 働かなくても得られる収入という意味で用いられます。 債券や預金…(続きを読む)

 プロ株主(ぷろかぶぬし)

いわゆる総会屋のことです。 (続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・11/30日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP