経済金融辞書1178語

 ブラインド方式(Blind Method)

投資信託の売買において申し込み段階では価格が分からないようにされていることをさします。
投資信託の購入や解約は注文時点では不明となっています。
投資信託が保有する資産の評価額が確定した後に取引ができると既存投資家の利益が損なわれるためです。

 五十音順 前後の語句

 不動産担保ローン(ふどうさんたんぽローン)

その名前の通り保有する不動産を担保にして資金を借りるローンのことです。 いわゆる有担保型のローンの。 クレジットカードや…(続きを読む)

 不動産投資信託(ふどうさんとうししんたく:REIT:リート)

日本では正式名称J-REIT(ジェイリート)と呼ばれ、投資信託および投資法人に関する法律に基づいて設定される投資信託の一種です…(続きを読む)

 踏み上げ(ふみあげ)

信用取引など空売り(ショートポジション)が可能な投資において、含み損を抱えている売り筋が損切りによる買戻しをおこなう買…(続きを読む)

 プライスチャネル(Price Channel)

相場におけるテクニカル分析用語の一つです。 相場のある値があらかじめ設定された乖離限度の価格帯(これをプライスチャネル…(続きを読む)

 プライムレート(Prime Rate)

銀行が企業等に対して融資を行う際一番優遇されている金利(祭優遇金利)のことをさします。 貸し出し期間が1年未満のものを「…(続きを読む)

 プラザ合意(Plaza Accord)

1985年に行われた大規模な協調介入の場のことです。 当時のアメリカ合衆国における対外不均衡の解消を目的とした合意のことで…(続きを読む)

 プラスサムゲーム(Plus Sum Game)

ゲームに参加しているプレイヤーの利得の合計がプラスになることです。 なお、プラマイゼロのゲームを「ゼロサムゲーム」。 マ…(続きを読む)

 ブラックショールズモデル(Black-Scholes model)

ヨーロピアンオプションにいて広く利用されるオプションの価格評価モデルのことです。 ブラックショールズ式(方程式)などと…(続きを読む)

 ブラックリスト(Black List)

警戒が必要な対象(一般にはユーザー)の一覧のことです。 主に金融の分野においては信用情報機関を通じて業者同士で共有して…(続きを読む)

 フラット35(Flat35)

旧住宅金融公庫(現在の住宅金融支援機構)が民間金融機関と提携して開発した住宅ローンサービスの名称。 公庫融資に変わる住…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・09/21日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP