経済金融辞書1178語

 札割れ(ふだわれ)

日銀(日本銀行)または各国中央銀行が短期国債・手形等の買い入れなどの資金供給オペを実施した際に、金融機関側から申し込みを受けた金額がオファー金額に達しないことをいいます。
また、国債の入札において応札額が予定額に届かない場合も札割れと呼びます。

 五十音順 前後の語句

 フォワード取引(Forwards Trade)

先渡し取引のことです。 店頭取引(相対取引)による取引で、事前に設定した取引条件において金融資産の購入や売却をするとい…(続きを読む)

 付加保険料(ふかほけんりょう)

生命保険や自動車保険等において、保険料を決定する際に計算されている率の一つです。 保険会社における手数料に該当する部分…(続きを読む)

 含み損(ふくみぞん)

株式等の有価証券、各種取引のポジションにおいて現時点で売却、精算した場合に損失が発生する状態のことです。 時価が取得価…(続きを読む)

 複利(ふくり:Compound Interest)

元金に再投資された利息分を加えたものに付く利息のことです。 例えば、1年複利の場合は金利計算が年に一回おこなわれ、翌1年…(続きを読む)

 負債資本倍率(ふさいしほんばいりつ)

企業の財務健全性をはかる指標の一つです。 資本の額(株主資本)に対して、負債(他人資本・有利子負債)がどれほどの倍率に…(続きを読む)

 普通株(ふつうかぶ:Common Stock)

株式会社に対する出資者の所有権を示す証券の一種です。 所有者のことを株主と呼び、株主総会で決定された配当を受ける権利の…(続きを読む)

 普通銀行(ふつうぎんこう)

銀行法という法律により規定されている銀行のことです。 長期信用銀行(長銀)と区別するために用いられる用語だが、日本では…(続きを読む)

 普通社債(ふつうしゃさい:Bukket Bond)

特別な権利や条項が付帯しない社債のことです。 確定利子が支払われ満期には全額が償還されます。 年1回ないしは2回の利払い(…(続きを読む)

 普通分配金(ふつうぶんぱいきん)

投資信託における収益分配金のうち、税制上通常通り課税(配当所得または利子所得)される部分の分配金のことをさします。 な…(続きを読む)

 普通預金(ふつうよきん)

いつでも自由に預け入れや引き出しが可能で元本が保証されている預金口座のことです。 現金自動預け払い機(ATM)で取引ができ…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・11/30日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP