経済金融辞書1178語

 フォワード取引(Forwards Trade)

先渡し取引のことです。
店頭取引(相対取引)による取引で、事前に設定した取引条件において金融資産の購入や売却をするという合意のことです。

 五十音順 前後の語句

 フィボナッチ数列(Fibonacci Numbers)

13世紀の数学者レオナルド・フィボナッチが発見した数列で、2つの連続した数の和が次に上位にくる数値に等しいというものです…(続きを読む)

 VWAP(ブイワップ:Volume Weighted Average Price)

売買高加重平均株価のことです。 約定値の算出方法の一種で、機関投資家の取引やトレーダーのパフォーマンス(成績)をはかる…(続きを読む)

 風説の流布(ふうせつのるふ)

株価を変動(相場操縦)を目的として風説(虚偽の情報)を流すことです。 禁止行為です。 また、明確に虚偽では無い場合でも合…(続きを読む)

 フェデラルファンド(Fed Funds)

米国における商業銀行が連邦準備銀行に預けている支払準備高のことです。 この資金は義務付けられている準備を満たしていない…(続きを読む)

 フォレックス(Forex)

外国為替市場を指す用語です。 外国との通貨交換を意味するフォーリンエクスチェンジを略したものです。 (続きを読む)

 付加保険料(ふかほけんりょう)

生命保険や自動車保険等において、保険料を決定する際に計算されている率の一つです。 保険会社における手数料に該当する部分…(続きを読む)

 含み損(ふくみぞん)

株式等の有価証券、各種取引のポジションにおいて現時点で売却、精算した場合に損失が発生する状態のことです。 時価が取得価…(続きを読む)

 複利(ふくり:Compound Interest)

元金に再投資された利息分を加えたものに付く利息のことです。 例えば、1年複利の場合は金利計算が年に一回おこなわれ、翌1年…(続きを読む)

 負債資本倍率(ふさいしほんばいりつ)

企業の財務健全性をはかる指標の一つです。 資本の額(株主資本)に対して、負債(他人資本・有利子負債)がどれほどの倍率に…(続きを読む)

 札割れ(ふだわれ)

日銀(日本銀行)または各国中央銀行が短期国債・手形等の買い入れなどの資金供給オペを実施した際に、金融機関側から申し込み…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/28日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP