経済金融辞書1178語

 ファミリーファンド方式(Family Fund Method)

投資信託の運用方式の一つです。
単位型投資信託(クローズドファンド)の中でも、商品としての性質が同じものを定期的に募集するための運用方法です。
投資信託へ投資をする投資家は、ベビーファンドというファンドを購入し、ベビーファンドはマザーファンドと呼ばれる投資信託を購入します。

 五十音順 前後の語句

 標準物(ひょうじゅんもの)

国債の先物取引において取引対象として標準化された架空の国債のことをさします。 国債は発行されるたびに表面金利が異なるが…(続きを読む)

 標準利率(ひょうじゅんりりつ)

保険会社が将来の保険金支払いのために積み立てている「責任準備金」の計算利率として義務付けている金利のことです。 10年も…(続きを読む)

 表面利率(ひょうめんりりつ)

債券における表面上の金利のことです。 債券の額面に対して支払われるクーポンの割合のことをさします。 たとえば、額面100円…(続きを読む)

 比例配分(ひれいはいぶん)

株価が特別気配の状態でストップ高(またはストップ安)のまま引けた場合、買い注文と売り注文のバランスが崩れたままの状態で…(続きを読む)

 ファイアーウォール規制(Firewall Regulations)

金融機関において部門と部門の交流等を意図的に遮断する規制のことを言います。 代表的なファイアーウォール規制として、銀行…(続きを読む)

 ファンダメンタルズ分析(Fundamental Analysis)

基礎的要因分析とも呼ばれます。 株式の価格などを予想する手法の一つです。 企業業績や経済動向、政治、ビジネス環境といった…(続きを読む)

 ファンドオブファンズ(Fund of Funds)

投資信託の運用会社が複数の投資信託をそれぞれ組み合わせて一つの投資信託としたものです。 複数の投資信託を組み合わせるこ…(続きを読む)

 ファンドマネージャー(Fund Manager)

ファンド(投資信託)についての運用指示を行う人(または機関)のことです。 不特定多数の投資家から資金を集めてその資金を…(続きを読む)

 VAT(ブイエーティー:Value Added Tax)

付加価値税のことです。 日本では消費税として課税されています。 (続きを読む)

 フィボナッチ数列(Fibonacci Numbers)

13世紀の数学者レオナルド・フィボナッチが発見した数列で、2つの連続した数の和が次に上位にくる数値に等しいというものです…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・12/03日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP