経済金融辞書1178語

 Pips(ピップ)

Percentage in point(通貨単位の100分の1)を短縮した表現で、値動きを指す場合に用いられます。
値動きは通常、Pips(ピップ)かPoint(ポイント単位)で表現され、この際ピップはポイントとほぼ同義で使用されます。
またFX取引の為替差益は、使用した通貨単位ではなくPips(ピップ)で表わされるのが一般的です。

 五十音順 前後の語句

 引受基準緩和型医療保険(ひきうけきじゅんかんわがたいりょうほけん)

名前の通り医療保険の引受を行う際の基準が通常の医療保険よりも緩和されている保険のことです。 告知は特定の数項目ですみ、…(続きを読む)

 BIS(ビス:Bank for Internationak Settlements)

国際決済銀行のことです。 G10各国の中央銀行によって構成されている国際機関のひとつ。 国際金融市場の安定化ならびに、民間…(続きを読む)

 ヒストリカルボラティリティ(Historical Volatility)

過去の価格や利回りの推移に基づいてボラティリティ(価格の変動率)を計算した数値のことです。 通常ボラティリティという場…(続きを読む)

 Bid(ビッド)

マーケットメイカーが提示する証券や金融商品、為替の買値のことです。 Bidは買値と訳されるが、これはマーケットメイカー(金…(続きを読む)

 ビットコイン(Bitcoin)

2009年に誕生したP2P型の電子マネー、仮想マネー。 暗号化され分散化された仮想マネーで銀行などを介さずに個人間で流通させる…(続きを読む)

 一株あたり純資産(ひとかぶあたりじゅんしさん:BVPS:Book Value Per Share)

企業の株価水準や財務状況を確認するに当たり重要な財務指標の一つです。 株主資本から無形固定資産を引いて算出されます。 上…(続きを読む)

 日計り商い(ひばかりあきない)

同じ投資家が、ある銘柄を購入し、その日のうちにその銘柄を売却し、その日のうちに買い戻す売買のことをさします。 同一資金…(続きを読む)

 日々公表(ひびこうひょう)

証券取引所がおこなう制度で信用取引での取引残高(買い残と売り残)を毎日公表するということです。 これに指定された銘柄を…(続きを読む)

 標準偏差(ひょうじゅんへんさ)

統計学における手法で複数の値の中において個別の値が中間値(または平均値)と比較してどの程度の違いがあるかを計測するもの…(続きを読む)

 標準物(ひょうじゅんもの)

国債の先物取引において取引対象として標準化された架空の国債のことをさします。 国債は発行されるたびに表面金利が異なるが…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・10/27日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP