経済金融辞書1178語

 ベンチマーク(benchmark)

投資信託等の運用において、その運用目標となる指数のことをさします。
日本株に投資をする場合はTOPIXや日経平均株価などが代表的です。
パッシブ運用の場合は、ベンチマークと同水準、アクティブ運用の場合はベンチマーク以上の成果を挙げることを目標としています。

 五十音順 前後の語句

 ヘッジファンド(Hedge Funds)

投機性の高い投資戦略をおこなうファンドのことです。 不特定多数の出資者からお金を集めるのではなく、借入金または、私慕に…(続きを読む)

 別途積立金(べっとつみたてきん)

利益剰余金のうち、特定の目的を定めずに設置されている積立金のことをさします。 純資産の仕訳の一つでもあります。 無目的積…(続きを読む)

 変額保険(へんがくほけん)

保険金額が実際の運用実績に応じて変動するタイプの保険をさします。 通常の保険は保険金額は一定であるが、変額保険の場合は…(続きを読む)

 弁済期限(べんさいきげん)

信用取引において株式の売買取引を行った場合、投資家は証券会社から買付資金を借りたり、空売りのための株券を借りたりしてい…(続きを読む)

 弁済順位(べんさいじゅんい)

企業などが破産した場合に残った財産を弁済する優先順位のことです。 第1位は財団債権、2位は優先的破産債権、3位が破産一般債…(続きを読む)

 ベンチャーキャピタル(Venture Capital)

初期段階にある今後の成長が見込める小規模企業に対して投資をする資金(またはファンド)のことをさします。 こうしたベンチ…(続きを読む)

 変動金利(へんどうきんり)

その名前の通り金利が変動することをさします。 多くの場合は預金や債券などの金利や、住宅ローン等の返済金利のことを指す場…(続きを読む)

 変動相場制(へんどうそうばせい)

通過間において固定的な交換比率が存在せず、相場が需要と供給に応じて変動する為替相場のことです。 対義語は固定相場制。 (続きを読む)

 変動利付債(へんどうりつきさい)

利率が変動する債券。 確定利付債の対義語です。 市場金利にスライドしてクーポンレートが見直される債券のことです。 フロー…(続きを読む)

 返戻率(へんれいりつ)

生命保険等の保険契約を途中解約した場合や、満期を迎えた場合の満期保険金を受け取る金額が、これまでに支払った保険料に対し…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・11/29日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP