経済金融辞書1178語

 ペーパーカンパニー(Shell Company)

法人登記はされているものの営業活動をおこなっていない企業のことをさします。
なお、ペーパーカンパニーという呼び名は和製英語であり、英語ではShell Companyと表現します。

 五十音順 前後の語句

 米ドル(べいどる)

世界最大の流通量を持つ通貨であり、アメリカ合衆国における公式通貨。 正式名称はアメリカドル。 ISO4217による表記では「USD…(続きを読む)

 米連邦住宅抵当金庫(Federal National Morgage Association)

米国政府が支援する株式会社。 主にモーゲージ(担保とする貸付債権に有価証券性を付与したもの)の原債務者よりモーゲージを…(続きを読む)

 ベーシスポイント(Basisi Point)

1%の100分の1、つまり0.01%のことをさします。 長期金利や公定歩合などの変動があった場合などに、40ベーシスポイントの変動(…(続きを読む)

 ベージュブック(Beige Book)

地区連銀経済報告書のことです。 タンブックとも呼ばれます。 米連邦準備制度理事会が6週間おき(FOMCが開催される2週間前の水…(続きを読む)

 Paper(ペーパー)

ペーパーと言う言葉はいろんな使われ方をしますが、金融においては主に証券をさします。 コマーシャルペーパー(CP)というよ…(続きを読む)

 ベガ(Vega)

オプション取引における市場感応度の一つです。 他に「ガンマ」「ベータ」「セータ」などがあります。 インプライドボラティリ…(続きを読む)

 ヘッジ取引(Hedging)

様々なリスクを最小化することを目的とした取引や行動の事をさします。 例えば、輸出企業が為替の変動による営業上のリスクを…(続きを読む)

 ヘッジファンド(Hedge Funds)

投機性の高い投資戦略をおこなうファンドのことです。 不特定多数の出資者からお金を集めるのではなく、借入金または、私慕に…(続きを読む)

 別途積立金(べっとつみたてきん)

利益剰余金のうち、特定の目的を定めずに設置されている積立金のことをさします。 純資産の仕訳の一つでもあります。 無目的積…(続きを読む)

 変額保険(へんがくほけん)

保険金額が実際の運用実績に応じて変動するタイプの保険をさします。 通常の保険は保険金額は一定であるが、変額保険の場合は…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・11/25日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP