経済金融辞書1177語

 バスケット取引(Basket Trade)

多数の銘柄をまとめて一つの商品として売買する取引のことです。
要件としては、15銘柄以上で売買代金が1億円以上の大口取引とされ、大口の投資家がまとまった銘柄取引をしたい場合に、通常は証券会社が相手方となりクロス取引で取引が成立します。

 五十音順 前後の語句

 売買一任勘定(ばいばいいちにんかんじょう)

口座の保有者である顧客から売買に関する裁量権を委託された金融機関が顧客の代理人として資産を運用することをさします。 (続きを読む)

 売買停止(ばいばいていし)

株式市場において株価に大きな影響を与える不確実なニュースなどが出た場合、一時的に対象銘柄の売買を中止させて情報の確認を…(続きを読む)

 ハイパワードマネー

現金と民間の金融機関が保有している中央銀行への預金(日銀当座預金残高)の合計。 マネタリーベース、ベースマネーとも呼ば…(続きを読む)

 端株取引(はかぶとりひき)

証券取引所などで取引されている標準的な売買単位に満たない株式の売買の事をさします。 通常、証券取引所を通じて売買するこ…(続きを読む)

 始値(はじめね)

一日の取引時間(立会時間)の内で最初につけた値段のことをさします。 ローソク足の足を構成する一つです。 前場における寄り…(続きを読む)

 裸売り(はだかうり:Naked Short)

ヘッジを行っていないオプション取引の売りや、株式を借りずに行う空売りのことをさします。 (続きを読む)

 バタフライスプレッド(Butterfly Spread)

バーティカルスプレッドの一種で、同一商品かつ同一限月のオプションにおいて権利行使価格の異なる3つのオプションを複合して…(続きを読む)

 バックテスト(Back Test)

システムトレードなどを利用する場合にプログラムなどを利用して当該ストラテジーを過去の為替レートや株価などに当てはめた場…(続きを読む)

 パックマンディフェンス(Pac Man Defence)

企業のM&Aに関する用語の一種で買収防衛策の一つです。 人気ゲーム「パックマン」の名前に由来します。 (続きを読む)

 発行市場(はっこうしじょう)

株式や債券などを発行する市場のことです。 通常は企業が新たに発行する株式(増資)や、社債などを一旦証券会社が引き受け(…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
   - New! -
・01/11日、現在リニューアル中のため一部システムテストの際に価格ファイルの更新不具合がありました。
     システムの都合により本日17時以降に正常化作業を行います。
     それまではご不便をおかけします。

エクセル用無料ファイル(四本値&インジケーター)
・各種ファイルは利用者の共有資料です。(ダウンロードフリー)

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP