経済金融辞書1177語

 売買一任勘定(ばいばいいちにんかんじょう)

口座の保有者である顧客から売買に関する裁量権を委託された金融機関が顧客の代理人として資産を運用することをさします。

 五十音順 前後の語句

 配当所得(はいとうしょとく)

所得税における課税所得区分のひとつであり、法人から受け取る利益・剰余金の配当、特定目的信託の収益分配に係る所得のことを…(続きを読む)

 配当性向(はいとうせいこう)

株式会社等が配当金を出す場合に支払う配当金が当期利益に対してどの程度かということです。 例えば、配当性向50%という場合、…(続きを読む)

 配当利回り(はいとうりまわり:Dividend Yield)

株式投資により得られる収益の指標として広く用いられる指標の一つです。 株価に対する年間配当の比率のことです。 (続きを読む)

 配当割引モデル(Dividend Discount Model)

DDMとも呼ばれる投資理論の一つです。 普通株式の理論株価は、将来的に予測されるディスカウント済みのキャッシュフローの合計…(続きを読む)

 バイナリーオプション(Binary Option)

オプションの一種で、満了日を含むオプションの権利行使期間内において、原資産があらかじめ定められた価格に到達した時点で決…(続きを読む)

 売買停止(ばいばいていし)

株式市場において株価に大きな影響を与える不確実なニュースなどが出た場合、一時的に対象銘柄の売買を中止させて情報の確認を…(続きを読む)

 ハイパワードマネー

現金と民間の金融機関が保有している中央銀行への預金(日銀当座預金残高)の合計。 マネタリーベース、ベースマネーとも呼ば…(続きを読む)

 端株取引(はかぶとりひき)

証券取引所などで取引されている標準的な売買単位に満たない株式の売買の事をさします。 通常、証券取引所を通じて売買するこ…(続きを読む)

 始値(はじめね)

一日の取引時間(立会時間)の内で最初につけた値段のことをさします。 ローソク足の足を構成する一つです。 前場における寄り…(続きを読む)

 バスケット取引(Basket Trade)

多数の銘柄をまとめて一つの商品として売買する取引のことです。 要件としては、15銘柄以上で売買代金が1億円以上の大口取引と…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・04/22日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

エクセル用無料ファイル(四本値&インジケーター)
・各種ファイルは利用者の共有資料です。(ダウンロードフリー)

・このサイトはグーグルクロム(Google Chrome PC版)に最適化しています。

広告



TOP