経済金融辞書

 売り手市場(うりてしじょう)

市場において買い手が売り手を上回っている状態をさします。
またそれがブームとなっていて、我も我もといった状況になっている場合にも使います。
対義語は買い手市場。

 五十音順 前後の用語

 売りオペ(うりおぺ)

中央銀行が保有している有価証券を売却し通貨を回収する公開市場操作(オペレーション)の一つです。
市場に流通している通貨の量(マネーサプライ)を減少させる、金融引き締め(金利上昇)効果があります。

 売り禁(うりきん)

信用取引に関する規制の一つで、新規の売り建ておよび、信用買い(買い建て)している銘柄の現引きを禁止する措置のことです。
空売りが禁止されるため「売り禁」と呼ばれます。
売り禁に指定された銘柄は、規制が解除するまでは新規の空売りはできません。
ただし、すでに建てている売り建て玉を解消する義務は無い。

 売り越し(うりこし)

売り越し(うりこし)

 売り長(うりなが)

信用取引において買い残(買い建玉の残高)よりも売り残(売り建玉の残高)の方が多い状態をさします。
空売りが多い=多くの投資家が弱気ということを意味していますが、株価が下落していない場合は、踏み上げ狙いの買いが発生したり、逆日歩が発生する場合などもあります。

 売りヘッジ

ヘッジ取引の一種です。
たとえば現物株を保有しているとして、今後株価が今後下落すると考えている場合に、株価指数先物や日経平均ETFなどを売り建てておくという取引のことをさします。
予想通りに株価が下落した場合、現物株の損失を、指数の先物売や信用売りによってリスクヘッジsるうことができます。
対義語は「買いヘッジ」

 上値抵抗線(うわねていこうせん)

価格チャートなどにより示される売り圧力が強いことからそれ以上の価格になりにくい特定価格帯をさします。

 運用報告書(うんようほうこくしょ)

投資信託に義務付けられている書類の一つです。
投資信託は決算ごとに運用実績(基準価額の推移)、当期の運用状況と今後の運用方針、費用明細、投資の状況、貸借対照表・損益計算書を運用報告書として投資家(受益者)に開示する必要があります。

 永久債(えいきゅうさい)

元本償還の規定がなく、債券発行体が存在する限り利子の支払が続けられる債券のことをさします。
通常の元本償還期間が定まっている債券のことは有期債といいます。

 営業利益(えいぎょうりえき)

企業が営業活動を通じて得た収益のことをさします。
ただし、厳密な定義は国ごとに異なります。
日本においては売上総利益(売上-売上原価)から一般管理費と販売費を差し引いたものです。

 営業利益率(えいぎょうりえきりつ)

一定期間における営業利益が売上高に占める割合のことです。
企業の変動費管理能力を示す財務指標とされます。

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。



 サイトからのお知らせ。
・07/27日、東証主体別売買動向表(部門別投資動向)の表記変更について。
     従来「百万円単位」で表記していましたが、視認性をわかり易くするため「億円単位」に変更します。

エクセル用無料ファイル(四本値&インジケーター)
 各種ファイルは利用者の共有資料です。(ダウンロードフリー)

・このサイトはグーグルクロム(PC)に最適化しています。
スポンサーリンク


TOP