経済金融辞書1177語

 インベスターリレーションズ(Investor Relations)

日本語にすると「投資家向けの広報」となるが、最近ではIRと略されて利用されるケースの方が多くあります。
日本では1990年代ごろから利用されるようになりました。

 五十音順 前後の語句

 陰線(いんせん)

株価等の価格変動をしめす「ローソク足」における形の一つです。 始値よりも終値が低い状態をさし実体と呼ばれるローソク図形…(続きを読む)

 インターナショナルキャッシュカード(Internationar Cash Card)

国際キャッシュカードとも呼ばれるキャッシュカードのことです。 国際的なATMネットワークを運営する「PLUS」や「Cirrus」など…(続きを読む)

 インターネット支店

都市銀行などでとられている支店の一つです。 利用者は原則として店舗(支店)サービスを利用せずに、ATMやオンラインバンキン…(続きを読む)

 インターバンク市場(Interbank Market)

名前の通り銀行通しの間で行われる金銭等の交換を目的とした専門的な取引市場のことです。 インターバンク市場の当事者は、銀…(続きを読む)

 インデックス運用(いんでっくすうんよう:Indexing)

インデックス(TOPIXなどの株価指数)をベンチマーク(基準)として、これに連動する投資成果をめざす運用手法のことです。 資…(続きを読む)

 インフォメーションレシオ(Information Ratio)

情報比(情報レシオ)とも呼ばれる投資信託の評価指標の一つです。 アクティブファンドのベンチマークに対する超過リターンを…(続きを読む)

 インプライドボラティリティ(Implied Volatility)

将来の変動率(ボラティリティ)を予測したものです。 オプション取引の場合、将来の原資産価格に対する取引となるので、変動…(続きを読む)

 インフラファンド

投資信託の仕組みを使い、インフラストラクチャー(社会資本)に投資をする金融商品のことをさします。 道路、鉄道、空港、港…(続きを読む)

 インフレリスク(Inflation Risk)

インフレ(インフレーション)とは物価が上がり続けるような経済状態のことで、それまで100円で買えていたものが、短い期間に1…(続きを読む)

 インフレーション(Inflation)

インフレともよばれ、貨幣価値の低下により、商品やサービスの価格が上昇することをさします。 要するに「物価上昇」のことで…(続きを読む)

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。
広告


 サイトからのお知らせ。
・12/19日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

エクセル用無料ファイル(四本値&インジケーター)
 各種ファイルは利用者の共有資料です。(ダウンロードフリー)

・このサイトはグーグルクロム(PC)に最適化しています。

広告



TOP