経済金融辞書

 イールドカーブ(Yield curve)

利回り曲線のことをさします。

 五十音順 前後の用語

 ETN(イーティーエヌ:Exchange Traded Note)

上場債券、上場投資証券、指標連動証券などと翻訳される有価証券。
ETF(上場投資信託)とは違って、裏づけとなる資産を保有していないことが特徴で、裏づけとなる資産の保有が難しい指標でも組成が可能な証券です。

 ETF(イーティーエフ:上場投信)

ETF(Exchange Traded Fund)という投資信託の一種です。
日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)などの株価指数に連動するように、株式が組み入れられている投資信託で、上場投信と呼ばれるように、証券取引所に上場され普通の株式と同じように売買できます。

 EB債(イービーさい:Exchangable Bond)

他社株転換条項付債券とも呼ばれる仕組債の一種です。
仕組みは債券と同じだが、一定のトリガー価格にある特定の株式や指数の株価が触れてしまうと、早期に現金で償還されたり、全く別の株式として償還されたりする条項が付帯している債券のことです。

 EPS(イーピーエス:Earnings Per Share)

株式における一株あたり利益のことです。
税引き前利益を発行済み株式総数で除したものです。
企業がどれだけの利益を上げたのかを一株という単位で割ったものです。

 EBITDA(イービットディーエー/イービットダー)

利払い・税金・償却前利益のことをさします。
Earnings Before Interest,Tax,Depreciatiion and Amotizationの略です。

 イールドスプレッド(Yield Spread)

利回りの差のことです。
たとえば、信用リスクの異なる国債と社債との金利差を比較したり、満期(期間)の異なる債券同士の金利差を比較することで利回りの魅力度やリスクを判断することができます。
また、債券同士ではなく、長期金利と株式益利回りの差を計算することで株式相場の割高・割安を判断するのにも利用されます。

 イールドレシオ(Yield Ratio)

株式益利回りと長期国債などの金利(長期金利)との水準を比較したもので、相場の水準が割高か割安かを示す指標として用いられます。
長期金利÷株式益利回りで算出することができます。
イールドレシオが小さくなるほど、株式市場から得られる利益と長期金利との差が小さいことを意味し、相対的に株式市場が割安水準と判断されます。

 eワラント

カバードワラントの一種で、ゴールドマンサックス証券が発酵する有価証券。
国内外の株式、株価指数、為替、商品(コモディティ)などの多くの投資商品に対して投資ができます。
上昇すると予想する場合にはコールを、下がると予想した場合にはプットを選択します。

 ISDA(イスダ:International Swap and Derivatibes Association)

イスダと呼ばれます、店頭デリバティブ市場の国際組織です。
国際スワップ・デリバティブ協会のことです。

 ESOP(イソップ:Employee Stock Ownership Plan)

従業員による株式保有計画のことです。
企業が従業員のために拠出する株式給付制度をさします。
米国では退職金、年金制度として利用されています。
基本的には退職するまで引き出すことができない確定拠出型退職金制度となっています。

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。



 サイトからのお知らせ。
・06/23日 最新のお知らせや重要なサイトの更新は現在特にありません。

エクセル用無料ファイル(四本値&インジケーター)
 各種ファイルは利用者の共有資料です。(ダウンロードフリー)

・このサイトはグーグルクロム(PC)に最適化しています。
スポンサーリンク


TOP