経済金融辞書

 アナリスト(Analyst)

投資家の売買を推奨するための企業情報や景気の動向などミクロ経済、マクロ経済の両方から分析する専門家の総称です。

 五十音順 前後の用語

 アセットアロケーション(Asset allocation)

資産配分を意味します分散型の投資のことをいいます。
投資信託などでよく用いられる用語で、株式や債券、為替、不動産、キャッシュ(現金)などリスクやリターンの性質の異なる金融商品に資産を配分することです。
またはその配分方針、戦略のことです。

 アセットオアナッシング(Asset or Nothing)

バイナリーオプション(デジタルオプション)において、満期時にインザマネーとなった場合に原資産と同じ価値を持ち、アットザネーやアウトオブザマネーの場合には価値がゼロとなるオプションのことをさします。

 アセットバック証券(Asset Backed Security)

資産担保証券とも呼ばれる証券のことです。
ABSとも略されます。
自動車ローンや住宅ローン、クレジットカード債権などの資産を集めたものを債券発行時の担保として利用する証券化を経て作られる証券のことです。

 アットザマネー(At The Money)

オプション取引において権利行使をした場合の利益がゼロとなる状態のことです。
たとえば、ある株式Aを100円の権利行使価格で買えるコールオプションを買っていた場合、この株式Aの現在価格が100円の場合をアットザマネーと呼びます。

 アップティックルール(Uptick Rule)

空売り規制の一つで現在の価格より高い値段以外で空売りをしてはならないというルール。
2002年より相場の売り崩しを防ぐために段階的に強化されました。
2013年11月にはアップティックルールが緩和され、原則としてダウンティックでの空売りも可能となりました。

 アノマリー(Anomaly)

投資用語として用いられる場合、常識や原理原則からは説明できないもののよくあたるとされる経験則のことです。
たとえば、「節分天井、彼岸底」といった相場を示すような言葉については、実際によく起こるものの、その理由ははっきりとはしていません。

 アパートローン(Apartment loan)

住宅以外の賃貸用のアパートやマンションなどの不動産に対するローンのことです。
不動産融資とも言われます。
基本的には契約者本人が居住しない賃貸等の事業を目的としたローンとなっています。

 アベノミクス(Abenomics)

安部総理のアベと、エコノミックスを組み合わせた造語です。
第2次安倍内閣における経済政策、経済対策について通称をさします。
「大胆な金融政策」「機動的な財政対策」「民間投資を喚起する成長戦略」の3つを方針としており、安部総理はそれを「3本の矢」と位置付けています。

 アメリカンオプション(American Option)

オプション取引においてオプションの買い手が売り手に対して期間中であればいつでも権利行使が可能なタイプのオプション取引をさします。
対義語はヨーロピアンオプション。

 アメリカン証券取引所(American Stock Exchange)

>AMEXと呼ばれ、米国にある証券取引所の一つです。

相場と投資関連の経済用語、金融用語の解説集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
相場の格言、ことわざ、金言、名言を収録した格言集です。
五十音で引ける辞書の形式にしてあります。
投資関連の手法やそれに伴い用語を広く集めて解説してあります。
五十音の索引からも引ける形式にしてあります。



 サイトからのお知らせ。
・07/27日、東証主体別売買動向表(部門別投資動向)の表記変更について。
     従来「百万円単位」で表記していましたが、視認性をわかり易くするため「億円単位」に変更します。

エクセル用無料ファイル(四本値&インジケーター)
 各種ファイルは利用者の共有資料です。(ダウンロードフリー)

・このサイトはグーグルクロム(PC)に最適化しています。
スポンサーリンク


TOP