検索したいキーワードを入力してください。

広告

ドルコスト平均法

毎月一定額を株式に投資することにより、平均買い付けコストを低下させる方法を言います。

毎月の投資額が10000円なら、1カ月目は株価1000円の株を10株買えます。

翌月の株価が1200円になっていれば8.33株、翌々月に800円になっていれば12.5株が買えます。

この方法では3カ月間、30000円の投資の購入株数は30.83株となり、平均買いコストが1株当たり973円、つまり一ヶ月目の買い付けコストより有利になっています。

これは株価が高くなれば購入株数が減り、株価が安くなれば購入株数が増えるためです。

これはナンピンと似た発想と言え、こうした方法は定額購入法とも呼ばれます。


  「と」から始まるワードは、下の50項目です。

主要指標

日経平均28010.93(-953.15)
TOPIX1899.45(-47.11)
JASDAQ182.86(-2.38)
ダウ平均33290.08(-533.37)
S&P5004166.45(-55.41)
NASDAQ14030.37(-130.97)
ドル/円110.160(-0.052)
FTSE1007025.51(+8.04)
ハンセン28489.00(-312.27)

主要市場時計

米国・英国は夏時間です。

お知らせ

現在、ご案内はありません。
 レポート (0)

最近チェックした記事

広告