検索したいキーワードを入力してください。

  • オレンジトゥデイ
  • 主要マーケット
  • 日経平均:29639.40(-200.31) TOPIX:2043.55(-21.00) JASDAQ:193.96(-2.31)
  • ダウ平均:33919.84(-50.63) S&P:4354.19(-3.54) NASDAQ:14746.39(+32.49)
  • ドル円:109.502(+0.300) ロンドンFTSE:7045.73(+64.75) 香港ハンセン:24221.54(+122.40)

  • ORANGE TODAY
  • 主要マーケット
  • 日経平均:29639.40(-200.31) TOPIX:2043.55(-21.00) JASDAQ:193.96(-2.31)
  • ダウ平均:33919.84(-50.63) S&P:4354.19(-3.54) NASDAQ:14746.39(+32.49)
  • ドル円:109.502(+0.300) ロンドンFTSE:7045.73(+64.75) 香港ハンセン:24221.54(+122.40)


CHARTS LOADING

広告

今日のローソク足 FX8ペアの酒田罫線&プライスアクション足形

FXの代表的な8ペアの酒田罫線&プライスアクション足型判定。

ローソク足の線組み分析と判定、線形解説のデイリーレポート。

米ドル円の足形判定

スラストダウン

先発線の安値を後続陽線の終値が下回った線組みです。

プライスアクションでは下落の勢いが衰えていない、あるいは下落方向の降下力が強まった暗示とされます。

広告

ユーロ円の足形判定

暗示・予兆となる定型の足形は発現していません

※三線までの線組みが対象です。

直近で短線が4本出現しています。(変調・転換・停滞などに注意して下さい。)

英ポンド円の足形判定

暗示・予兆となる定型の足形は発現していません

※三線までの線組みが対象です。

瑞フラン円の足形判定

スラストアップ

先発線の高値を後続陽線の終値が上回った線組みです。

プライスアクションでは上昇の勢いがまだ衰えていない、あるいは進捗の推進力が強まった暗示とされます。

広告

加ドル円の足形判定

毛抜き線 - 高値

(※参考該当:コマ短線型)

先発線の高値と後続線の高値がほぼ同じ線組です。

天井圏で現れると「毛抜き天井」としてトレンド上伸の限界を暗示するとされますが、天井圏以外なら同じ価格で二度押し戻されたと言う事で毛抜き高値が反落抵抗線である可能性があり、前後の足形で相場がそのラインを意識しているかどうかを確認することが必要です。

豪ドル円の足形判定

トンカチ

(※広義該当:短線型)

引値を切り下げる陰線が二本続いた後に更に切り下がって上影短線が現れる線形です。

底打ちを暗示する「買い予兆」で、底値圏なら反転、トレンド途上なら調整的な反行のシグナルと考えられ底値圏で現れたらトンカチで叩いても割れないほど堅い底を暗示しますが、先発線とのマドの大きさや上ヒゲの長さなどに異なる予兆が潜んでいることもあります。

NZドル円の足形判定

毛抜き線 - 高値

(※参考該当:コマ短線型)

先発線の高値と後続線の高値がほぼ同じ線組です。

天井圏で現れると「毛抜き天井」としてトレンド上伸の限界を暗示するとされますが、天井圏以外なら同じ価格で二度押し戻されたと言う事で毛抜き高値が反落抵抗線である可能性があり、前後の足形で相場がそのラインを意識しているかどうかを確認することが必要です。

直近で短線が2本出現しています。(変調・転換・停滞などに注意して下さい。)

南アランド円の足形判定

アウトサイド

先発線の高値安値レンジが後続線の高値安値レンジの中にすっぽりと収まった線組みです。

プライスアクションでは後続線が陰線なら下落、陽線なら上昇の暗示とされますが、さらにこのあとの相場が後続線の高値を上回れば上伸、逆に安値を下回れば下伸の予兆とされます。

広告

主要指標

日経平均29639.40(-200.31)
TOPIX2043.55(-21.00)
JASDAQ193.96(-2.31)
ダウ平均33919.84(-50.63)
S&P5004354.19(-3.54)
NASDAQ14746.39(+32.49)
ドル/円109.502(+0.300)
FTSE1007045.73(+64.75)
ハンセン24221.54(+122.40)

主要市場時計

米国・英国は夏時間です。

お知らせ

現在、ご案内はありません。
 レポート (0)

最近チェックした記事

広告