Back 最適化投資工房 レンジ展望 市場サマリ



このエントリーをはてなブックマークに追加

FX投資情報コミュニティfx-on.com

ボラティリティーシステム
 [The Volatility System](シャンデリア・システム)
考え方
ボラティリティ・システムは、ATR(Averrage True Range)を利用したパラボリック同様のトレンド追尾型・転換点売買システムです。

チャートを見ると、パラボリックの放物線SARとは全くイメージの違うSAR(ストップ・アンド・リバース)が描かれています。
パラボリックのSARが値動きとの交点に向かって連続したラインで描かれるのに対して、ボラティリティ・システムのSARは押し目や戻りなどに反応して価格と同じ方向に動くと言う特徴があります。
このためパラボリックよりはダマシは少ないのですが、価格の動きにあわせてSARの変動が大きい分だけシグナルの発生は遅くなります。

パラボリック同様に価格がSARと交差した時を売り買いシグナルあるいはトレンド転換点とみなします。

ワイルダーの著書である『New Concepts In Technical Trading Systems』(邦題・ワイルダーのテクニカル分析入門)で紹介されているボラティリティ・システムはここで紹介しているもので別名「シャンデリア・システム」と言われているものです。
実はこれはワイルダーの他の指標と比べてあまりなじみのないもので使用されている例もほとんどみかけません。
ワイルダーのボラティリティ・システムとして一般に有名なのは別項で紹介しているボラティリティ・ワイルダーと呼ばれるものです。
ただし「シャンデリア・システム」とは違って「ボラティリティ・ワイルダー」の方はそのすべてをワイルダーが作ったものか、ワイルダーのテクニカルチップやコアなロジックを組み合わせてのちに別の人によって再構成されたものかなどはやや曖昧です。
計算方法
SAR(ストップ・アンド・リバース)の値はATR(アベレージトゥルーレンジ)に定数を掛け合わせたものをトレンド期間中の最も高い終値、最も低い終値に加減して求めます。
 テクニカル計算式 エクセルファイル
 [ボラティリティシステム] ダウンロード




  7月25日の相場展望
ダウンロード会員
インジケータシグナル
実用投資ワード網羅
#Covfefe
  株式先物サマリ
市場ニュース
経済イベント
225先物レンジ
225予想投票
  FXレンジ予想
ドル円予想投票
FXソフトリンク
利殖ソフトリンク
先物ソフト
  定番テクニカル
ワイルダー指標
バンド系指標
移動平均素材
パターン分析
  株価先物四本値
MT4チャート表示
エクセル自動売買
日経平均CFD
225オプション
  ストラテジ(戦略帳)
マーケットプロファイル
システム トレード帳
NT倍率サヤ取り法
日経平均株価参照集
  投資の黄金律
金融 経済辞典
先物三百年
一攫千金トリビア
売買サインルール
  • このサイトは市場研究の無料参考資料集です。投資の勧誘等は目的ではありません。
  • 投資の最終判断は必ず自身の責任で行ってください。投資結果への責任は負いかねます。
  • 情報の有効性・優位性には常に留意していますが、それらを保証するものではありません。
最適化投資工房
サイトについて 著作権について プライバシーについて お問合せ
Copyright ©2005-2017 orange2.net All rights reserved