Back 最適化投資工房 レンジ展望 市場サマリ



FX投資情報コミュニティfx-on.com

 [Pivot Point - Reaction Trend System]
考え方
ピボットとは回転軸を意味し、日々の市場価格がそのピボットを中心に振幅すると言う仮定をもとに考案された相場の短期的な支持線と抵抗線の水準を予測するデイトレード向けのテクニカル指標です。
ピボットでは、支持線と抵抗線を、日々の値動きの観察による経験則に基づいて前日の四本値データから割り出します。
こうして、翌日の損切り・上乗せ等といった売買ポイントを事前に明確化することを目的としているため、実際の売買に応用し易い指標となっています。
使い方は、図のように描き出される7本のラインを使って、ボリンジャー・バンドなどのバンド系の指標と同じように用いますが、他のバンド系指標が最低3日程度以上の移動平均値を使うのに対して前日のデータだけで翌日のバンドポイントが描けると言うところが最もユニークな部分です。

大きな動きのない一定の範囲内に収まった相場の動きでの逆張りと、大きなトレンドが確認できる場合の順張りの二つのモードでの使い分けを前提とした(具体的な)売買指標として参照されます。

計算方法
ピボット(PP) = ( H + L + C ) ÷ 3
上方トレンド転換点(HBOP) = 2P - 2L + H(上方ブレイクアウトポイント)
抵抗線2(R2) = P + H - L(第2レジスタンスライ)
抵抗線1(R1) = 2P - L(第1レジスタンスライン)
支持線1(S1) = 2P - H(第1サポートライン)
支持線2(S2) = P - H + L(第2サポートライン)
下方トレンド転換点(LBOP) = 2P - 2H + L (上方ブレイクアウトポイント)

※ (H = 高値) : (L = 安値) : (C = 終値) : (P = ピボット)


 [振幅について]
 売り1(S1):軸に安値振幅を加える
 売り2(S2):軸に日中最大振幅を加える
 買い1 (R1):軸から高値振幅を引く
 買い2(R2):軸から日中最大振幅を引く
 上方損切り(HBOP):軸に安値振幅と日中最大振幅を加える
 下方損切り(LBOP):軸から高値振幅を引いて日中最大振幅を加える
ピボットは三つの目盛を使って計算します。
D1=H-P:高値とピボットの差
D2=P-L:安値とピボットの差
D3=H-L:高値と安値の差

三つの目盛は上の図のような回転によってピボットポイントからの売買ポイントを描きますが、それらは以下のような計算で求められ、この式を纏めると先記の計算式になります。
HBOP(High Break Out Price) = P + D2 + D3  ⇒ (2P - 2L + H)
R2(上値抵抗2) = P + D3  ⇒ (P + H - L)
R1(上値抵抗1) = P + D2  ⇒ (2P - L)
PIVOT(PP) =(H+L+C)÷ 3
S1(下値支持1) = P - D1  ⇒ (2P - H)
S2(下値支持2) = P - D3  ⇒ (P - H + L)
LBOP(low Break Out Price) = P - D1 - D3  ⇒ (2P - 2H + L)

 テクニカル計算式 エクセルファイル
 [ピボット] ダウンロード




  2月25日の相場展望
ダウンロード会員
インジケータシグナル
実用投資ワード網羅
  株式先物サマリ
市場ニュース
経済イベント
225先物レンジ
225予想投票
  FXレンジ予想
ドル円予想投票
FXソフトリンク
利殖ソフトリンク
先物ソフト
  定番テクニカル
ワイルダー指標
バンド系指標
移動平均素材
パターン分析
  株価先物四本値
MT4チャート表示
エクセル自動売買
日経平均CFD
225オプション
  ストラテジ(戦略帳)
マーケットプロファイル
システム トレード帳
NT倍率サヤ取り法
日経平均株価参照集
  投資の黄金律
金融 経済辞典
先物三百年
一攫千金トリビア
売買サインルール
  • このサイトは市場研究の無料参考資料集です。投資の勧誘等は目的ではありません。
  • 投資の最終判断は必ず自身の責任で行ってください。投資結果への責任は負いかねます。
  • 情報の有効性・優位性には常に留意していますが、それらを保証するものではありません。
最適化投資工房
サイトについて 著作権について プライバシーについて お問合せ
Copyright ©2005-2017 orange2.net All rights reserved