Back 最適化投資工房 レンジ展望 市場サマリ




このエントリーをはてなブックマークに追加

FX投資情報コミュニティfx-on.com

ワイルダーのテクニカル分析 (序説)

テクニカル分析の関連記事を検索すると、ワイルダーの名前を何度も見かけます。
ワイルダーは数々のテクニカル指標を開発した投資アドバイザーで、彼のテクニカル分析法の多くはもはや古典と呼べるものでありながら、今なお多くの投資家やアナリストに参照されています。
その特徴は、相場分析と主観的なインスピレーションでまとめあげられたシンプルさです。
ワイルダーのインジケータは論理的でこそありませんが、愛好者はその独特のカラクリの面白さに惹かれます。
特にパラボリックなどのSAR系のものや、DMIのように細かく作りこまれたものに見られるその「カラクリ」は、機械工学を修めたと言う氏のキャリアを感じさせるものです。
ワイルダーのアイディアは、これまでも多くのインジケータ開発者に影響を与えたと思われますし、またそのしくみはインジケータの作成を志す方々にとっては、いろんな意味で示唆に富んだ研究対象となるでしょう。

 J.W.ワイルダー
 (John Welles Wilder.Jr)
テクニカル分析による投資法の啓蒙者として活躍した米国の投資法インストラクター。
その手法は当時の米国の新聞・雑誌・放送などで紹介され、フォーブス誌にも取り上げられたと言われます。
数あるトレーディング・システムの中でもワイルダーの開発したものは世界中でもっとも多く使われている(転用・改編・改作なども含む)と言う説もあります。
機械工学を学び不動産業で成功した後、先物市場へ参入。
1974年にトレンド・リサーチ社を設立。
1985年、デルタ・ソサエティ・インターナショナル社を設立し、世界各国でテクニカル・トレーディング・セミナーを開催、テクニカル投資に関する書籍・ソフトウェアなどの制作・販売を行い、インジケータなどを発表。

ワイルダーの書籍
【テクニカル分析入門】
ワイルダーが自ら記した著作は2冊あると言われていますが、そのうちの一つである New Concepts In Technical Trading Systems は見方によっては米国式の古典的テクニカル分析のネタ本とも言えるような書籍です。
そこに説かれている手法は当事としてはかなり新鮮なものであったと思えますし、それらは今も使われ、とりわけ「RSI」は根強い人気を持っています。

ただしこの書籍の訳本、「ワイルダーのテクニカル分析入門」の中身は一時代前の方眼紙によるチャートを用いた説明書であるため、エクセルやパソコンに慣れた世代には(前時代的な翻訳の未熟さとあいまって)まどろっこしいものです。
現在では「ワイルダーのテクニカル分析入門」に記されているロジックのほぼすべてが、パソコンでの使用を前提としたコンテンツとしてネット上で簡単に入手できるので、昔の訳本特有の不明瞭さを埋めるためにもそうしたネット情報も活用すべきです。

この本に書かれている各指標はどれもシステムトレードで実際に使うには改良などの工夫が必要です。
また、これらのインジケータを裁量での投資で実践活用するためにも「他の指標と併用する」などの工夫が必要です。

【アダムセオリ】
ちなみにワイルダーのもう一冊の著作であるAdam Theory Of Markets(邦題 ワイルダーのアダムセオリー)は、ワイルダーが主催したセミナーなどの勧誘文のようなものまで含めていろいろな記事の断片を集めて一冊にしたような印象の本です。

本の中で主題とも思われる「アダムセオリ」については、文中の紹介ではワイルダーが友人の投資家であるジム・スローマンから100万ドルで買ったと言う触れ込みの手法で、ワイルダーはこの手法で後に巨額の利益を得たとされるものですが、具体的な投資法などは紹介されておらず、教訓めいたたとえ話のみが語らています。
また、それらはいわゆるテクニカル分析とはほぼ関係のない内容に思えます。

この本の中にはただ一つだけ「未来の値段がわかる再帰理論」と言うテクニカル分析風の考えが唐突に出てきます。
ワイルダーの知名度を考えればこの「未来の値段がわかる再帰理論」と言うフレーズには誰しも期待しますが、その内容はと言うと「現在値位置から数本前までのラインチャートをそのまま上下左右反転したフォルムにしてチャートの現在値部分の後ろ(右側/未来側)に単純に貼り付ければよい」と言うもので、それ以上の説明はありません。
未来の価格のチャート
またこの部分は本のタイトルであり本題と考えられる「アダムセオリ」とされるものとは無縁であり、全く別の話と思われる「デルタ理論」としていきなり付け足し的に紹介されているもので、「テクニカル分析入門」のような投資手法の教則本的な内容を期待してこの部分に接すると、強い違和感と戸惑いを受けてしまいます。

ちなみにこの本を入手した2007年ごろ、この「再帰論」の部分を念のために(ワイルダー的カラクリ愛好者として個人的に)約三ヵ月間検証してみましたが、(少なくとも当時は)数本前の値動きを反転すれば未来の価格になると言う考えが有効に機能するような相場は一切見つかりませんでした。
私の方法は、パラボリックSARの「一日先のSARを表示させる計算」と組み合わせたインジケータにし、参照用として使ってみると言うものでした。

さて、この本の主題(曖昧な印象ながら)ですが…。
一言で言えば「アダムセオリ」とは「価格の予測などは危険であるから、目の前の相場の動きに身を委ねるべきだ」と言うものです。
つまり安易に予測できない「相場」と言うものに対しては、その「予測などできない」と言う事実を率直に受認し、目の前の「生きた動き」に柔軟かつ的確に対応できるメンタルを持つことが大事だと言うことでしょう。

プロの投資技術を持っているヘッジファンドの主催者と言えどもそのトレードは決して常勝ではなく、山あり谷ありのものであると言う現実をみると、ワイルダーのこの主張は大事な心得・教訓であるとも考えられます。

価格チャートと一種類か二種類程度の(自分自身のスタイルと相性の良い)指標を用いるようなシンプルな投資を行っている人が比較的利益を上げているように見受けられますが、テクニカル分析にはあまり多くの手法で武装しすぎることの無意味さと言う盲点があります。
もし、多くの指標をやたらに参照している人が居るとすれば、その人はそれらのうちから実際には投資判断の邪魔になっているもの(目の前の相場とあまり関係ないもの?)を見つけ出して「捨てる勇気」を持つべきだ…と言うことを「アダムセオリ」は暗示しているのかもしれません。

★アダムセオリの言いたいことは…
「上がれば買い、下がれば売る。」
「間違ったら切る」
「さらに上がれば更に買い、さらに下がれば更に売る。」
…と言う事なのです。

これは(自分の思想や経験の)思い込みから上がるはずだとか下がるはずだと判断するような、硬直したトレードをするのは危険だとする考えです。

ワイルダーの各指標によるトレンドの見立てや、デルタ理論による価格パターン予測も、(この本の中の)アダムセオリの紹介部分に限って言えば、(それらを信用しすぎることは)思い込みによる硬直したトレードを生みだす可能性のあるものと言え、「(そんなものより)目の前の値動きを見る目を大事にすべきだ」と言う事になり、ワイルダー自身はそうした方法で初めて巨額の利益を得たと主張しているわけです。

こうしたアダムセオリの主張と、デルタ理論の数本前の価格を反転して単純に貼り付けることで未来を予想するなどと言う十分なデータに基づいていないような考えが、説明なく併記されているところが、この本の意図を測りかねる曖昧な印象の部分です。

ちなみにワイルダーの指標群のすべてに言えることですが、それらはどれも本間宗久や一目山人のような緻密なデータ検証がなされているとは思えず、ほぼ限られたデータでの検証を元にして直観的なひらめきから開発されたと言う印象のものばかりです。

あえてこの本が問いかけているものがあるとすれば、ワイルダーのように有名な投資法インストラクターが、このような(ある意味当たり前とも思える)シンプルな原理を、氏にとって100万ドル(現在の価値なら400万~500万ドル?)の値打ちのあるものだ…と主張している点を「個人投資家-テクニカル分析愛好者としての読者それぞれがどう受け止めるのか」と言うことなのでしょう。

但し、ぬぐいきれない可能性としてこの本の内容は、ひょっとしてワイルダーが主催する高額のセミナーへの参加を促す序文・キャッチ文であると言う雰囲気もあり、そのセミナーに参加が許されれば読後のモヤモヤが晴れるのではないか…と言う期待も(僅かながら)残ります。

余談ですが、最近名称を「アダムセオリー」とする「売買ロジック?」を見かけますが、ワイルダーの提唱する「アダムセオリ」は売り買いのポイントや返済のレンジを判定するような「売買ロジック」ではありませんし(売買ロジックによる予想判定は、目の前のトレンドに身をゆだねよと言う本題の主張と矛盾します)、また(それら新種の「アダムセオリ―」の発案者が)再帰性論で未来の価格を描くとされる「デルタ理論」と勘違いして「アダムセオリ―」を名乗っている場合を考慮して言えば…、「デルタ理論」はトレンド判定用のものではなくて言わば当時の値動きの「アノマリー」による翌日の傾向判定ですので…、
最近の「アダムセオリー」は本来の「ワイルダーのアダムセオリ」(デルタ・ソサエティ・インターナショナル社のもの)とは全く別物の「アダムセオリ―」であると考えられても良いと思います。


New Concepts In Technical Trading Systemsで紹介される手法は以下の8項目です。
1.The Parabolic Time (Price system)
2.The Volatility System
3.The Directional Movement Index(DMI)
4.The Trend Balance Point System(Momentum Concept)
5.The Relative Strength Index(RSI)
6.The Reaction Trend System(Pivot)
7.The Swing Index
8.The Commodity Selection Index(CSI)
  • 8.の CSI は当事の米国の商品先物銘柄を対象とした銘柄選びの手法なので当サイトでは取り上げていません。
  • 以上のコンテンツで構成される八項に加えてBASIC(チャートの基本)とCapital Management(資金管理)の二項が序項・終項として非常に簡単に記されています。


  3月27日の相場展望
ダウンロード会員
インジケータシグナル
実用投資ワード網羅
  株式先物サマリ
市場ニュース
経済イベント
225先物レンジ
225予想投票
  FXレンジ予想
ドル円予想投票
FXソフトリンク
利殖ソフトリンク
先物ソフト
  定番テクニカル
ワイルダー指標
バンド系指標
移動平均素材
パターン分析
  株価先物四本値
MT4チャート表示
エクセル自動売買
日経平均CFD
225オプション
  ストラテジ(戦略帳)
マーケットプロファイル
システム トレード帳
NT倍率サヤ取り法
日経平均株価参照集
  投資の黄金律
金融 経済辞典
先物三百年
一攫千金トリビア
売買サインルール
  • このサイトは市場研究の無料参考資料集です。投資の勧誘等は目的ではありません。
  • 投資の最終判断は必ず自身の責任で行ってください。投資結果への責任は負いかねます。
  • 情報の有効性・優位性には常に留意していますが、それらを保証するものではありません。
最適化投資工房
サイトについて 著作権について プライバシーについて お問合せ
Copyright ©2005-2017 orange2.net All rights reserved