Back 最適化投資工房 レンジ展望 市場サマリ



このエントリーをはてなブックマークに追加

FX投資情報コミュニティfx-on.com

TRIX
 [ 三重指数平滑化移動平均指標 - Triple Exponential Moving Average Oscillator ]
TRIX(トリックス)はジャック・ヒューストン(Jack Huston)によって考案された騰落指標で、MACDによく似たトレンド系の使い方をしますが、TRIXは騰落率で描かれるものであるためオシレータ系の指標に分類されます。

RSIやストキャスティクスなどのオシレータは一定期間の価格レンジに対して直近終値がどのような位置にあるかと言う見方をするのに対してTRIXは前日の指数移動平均値に対比して当日のそれがどのような位置にあるかを見るもので、その点が大きく異なります。
オシレータですが買われすぎ売られすぎのポテンシャルを見るというより、トレンド系のように方向性・転換位置を見る目的で使われます。


計 算 法
EMA1=終値のn 日指数平滑化移動平均
EMA2=EMA1のn 日指数平滑化移動平均
EMA3=EMA2のn 日指数平滑化移動平均

TRIX=(当日のEMA3-前日のEMA3)÷前日のEMA3×100%
※前日比の騰落率です。

SIGNAL = TRIXののn 日指数平滑化移動平均


シグナル
TRIXの値は原則-100%から100%までの間で推移しますが、通常数パーセントの値で動きます。
買いのシグナルは、TRIXの値がマイナスからプラスへ転じた点、売りのシグナルはプラスからマイナスへ転じた点で発生します。
・TRIXが0%を上抜けると買いシグナル。
・TRIXが0%を下抜けると売りシグナル。



また、TRIXをさらにもう一度平滑化したSIGNAL線とのクロスで見る方法があります。
・0%以下でTRIXがSIGNALを上抜けると買いシグナル。
・0%以上でTRIXがSIGNALを下抜けると売りシグナル。




注意点
0%クロスの場合シグナル発生が遅くなるため、そのことによるミスが多々見られます。
SIGNAL線とのクロスの場合は、シグナル発生も早く有効性が増していますが、その分ダマシも発生しています。
実践ではSIGNAL線とのクロスによるシグナル発生を基本にストキャスティクスなどの他のオシレータ系指標と組み合わせる方法が有効とされ、オシレータ系の指標を見極めるトレンド系指標と同じような使われ方をする例が多いようです。

前日との対比と言う特殊なオシレータであるためRSIなどのような張り付きによるダマシはありませんが、値動きとTRIXやSIGNALの関係に逆行現象がみられることがあります。
一般的にこの逆行現象が見られる場合には、トレンド転換が近いと考えられます。
 テクニカル計算式 エクセルファイル
 [TRIX] ダウンロード




  7月25日の相場展望
ダウンロード会員
インジケータシグナル
実用投資ワード網羅
#Covfefe
  株式先物サマリ
市場ニュース
経済イベント
225先物レンジ
225予想投票
  FXレンジ予想
ドル円予想投票
FXソフトリンク
利殖ソフトリンク
先物ソフト
  定番テクニカル
ワイルダー指標
バンド系指標
移動平均素材
パターン分析
  株価先物四本値
MT4チャート表示
エクセル自動売買
日経平均CFD
225オプション
  ストラテジ(戦略帳)
マーケットプロファイル
システム トレード帳
NT倍率サヤ取り法
日経平均株価参照集
  投資の黄金律
金融 経済辞典
先物三百年
一攫千金トリビア
売買サインルール
  • このサイトは市場研究の無料参考資料集です。投資の勧誘等は目的ではありません。
  • 投資の最終判断は必ず自身の責任で行ってください。投資結果への責任は負いかねます。
  • 情報の有効性・優位性には常に留意していますが、それらを保証するものではありません。
最適化投資工房
サイトについて 著作権について プライバシーについて お問合せ
Copyright ©2005-2017 orange2.net All rights reserved