Back 最適化投資工房 レンジ展望 市場サマリ



このエントリーをはてなブックマークに追加

FX投資情報コミュニティfx-on.com

練行足(非時系列)

練行足(れんこうあし)は非時系列系のチャートです。
非時系列チャートとは、通常のチャートが一定時間ごとに価格を更新するのに対し、時間とは関係なく一定の条件を満たしたときにのみチャートを更新します。
条件がそろわなければ、その間に時系列のチャートが何本更新しようとも、非時系列チャートは一切更新しません。
つまり非時系列チャートは価格変動パターンの変化に特化して相場を分析しようとするものです。

練行足(れんこうあし)は練り足とも呼ばれます。


練行足の描き方

練行足は記入商品の呼び値、ボラティリティ、値動きなどからその動きをとらえるのにふさわしいと思われる任意の「基準となる値幅」を決めておき、この設定した値幅を超えて市場価格が動いたら、現在の足の隣に新たに足(値幅分)を上昇時は白抜きの陽線を…下降時は黒塗りの陰線を…それぞれ追記してゆきます。
また、上昇から下降、下降から上昇に転じる「陽転」「陰転」になる足は先に設定した値幅分の二倍を超えた時に初めてトレンド転換が認められたと判断して新しい足を記入します。

練行足の描き方を下記の例で説明します。 値幅は仮に50円としますので、陽転・陰転の反転条件は100円の変化と言うことになります。

1日目、15830円(最初の陽線の終値です)
2日目、15900円(70円上昇したので陽線)
3日目、15960円(60円上昇したので陽線)
4日目、15880円(70円下降したので一旦様子をみる-記述なし)
5日目、15830円(更に50円下げたので陰転し、50円以上下げた陰線を二本)
6日目、15950円(110円の上昇で陽転)
7日目、15980円(30円の上昇なので記載しない対象外)
8日目、16010円(更に30円の上昇で陽線一本)



練行足の見方
■陰線から陽線へ転換(陽転)したら買いシグナル
■陽線から陰線へ転換(陰転)したら売りシグナル

練行足は、値幅に関係なく陽線と陰線でグラフを作るので、陽転したときを「買い」のタイミング、陰転したときを「売り」のタイミングと捉えます。 設定した値幅に満たない値動きではグラフは変化しないので、シグナル発生のタイミングはかなり遅れて表れるという難点があります。
このため、比較的ゆったりとしたサイクルでトレードできる金融商品や戦略に向いていると言えます。



  6月26日の相場展望
ダウンロード会員
インジケータシグナル
実用投資ワード網羅
#Covfefe
  株式先物サマリ
市場ニュース
経済イベント
225先物レンジ
225予想投票
  FXレンジ予想
ドル円予想投票
FXソフトリンク
利殖ソフトリンク
先物ソフト
  定番テクニカル
ワイルダー指標
バンド系指標
移動平均素材
パターン分析
  株価先物四本値
MT4チャート表示
エクセル自動売買
日経平均CFD
225オプション
  ストラテジ(戦略帳)
マーケットプロファイル
システム トレード帳
NT倍率サヤ取り法
日経平均株価参照集
  投資の黄金律
金融 経済辞典
先物三百年
一攫千金トリビア
売買サインルール
  • このサイトは市場研究の無料参考資料集です。投資の勧誘等は目的ではありません。
  • 投資の最終判断は必ず自身の責任で行ってください。投資結果への責任は負いかねます。
  • 情報の有効性・優位性には常に留意していますが、それらを保証するものではありません。
最適化投資工房
サイトについて 著作権について プライバシーについて お問合せ
Copyright ©2005-2017 orange2.net All rights reserved