Back 最適化投資工房 レンジ展望 市場サマリ




ローソク足の組み合わせパターン 序説

FX投資情報コミュニティfx-on.com

ローソク足の引き方(日足の例)




「ローソク足」は過去の市場の特徴的な値動きを一本の縦棒型の図形(棒足)を単位として記録し、相場の流れを図形化したもので、「ローソク足」の「足」には「値動きの足跡」の意味があります。
これはいわゆるテクニカル・チャートの一種で、ローソク足ではそのチャートのことを「罫線」と呼びます。

「ローソク足」は、その記録時限(時系列)ごとの始値と終値、さらにその時限内に出現した高値と安値を加えた四つの重要な価格である「四本値」をその値動きとともに一目で理解できるようにしたものです。

特に日々の相場(四本値)を図形化した「日足」(ローソク足はもともと日足ベースで開発されたものです)では、「四本値」のうちの特に始値と終値が一定の市場の意図を反映した値動きと考えられます。
このためこの部分は、市場の総意を読み解くための基本位相として「実体」と呼ばれる長箱状の図形で表わされます。
実体は寄付き(始値)より引け(終値)が上昇した場合、上昇を示す白抜きの箱で表わされて「陽線」と呼ばれます。
※白抜き部分は江戸時代は朱墨(赤色)で塗られることもあったようです。

逆に寄付き(始値)に比べて引け(終値)が下落した場合の実体は下落を示す黒く塗られた箱で表わされて「陰線」と呼ばれます。
こうして実体部分の「陰線」「陽線」が足跡として描く白黒(赤黒)のパターンには、市場心理の動きが表れます。

また、市場の期待や迷い、値試しなどの相場心理が実体の範囲を超えて値付けした部分である四本値の残りの二つの値動きにあたる高値・安値は、ヒゲと呼ばれる細い線分で表わされます。

「ローソク足」は(そのフォルム自体が)値動きに込められた市場の意図や心理を視覚化したものと言えます。

もともと日々の相場の記録(日足の表記)から始まった「ローソク足」ですが、大きな流れを見るために一週間の「四本値」を表示する「週足」やさらに、一ヶ月間、一年間の「四本値」を表示する「月足」「年足」などの方法もあり、これらを必要に応じて使いわけることができます。

また今では、コンピュータによるリアルタイムの価格表示も一般的に用いられているために「分足」と言う短い時限を表示するための「ローソク足」も使用されています。
良く使われる「分足」には1分足、5分足、10分足、15分足、30分足、60分足などがありますが、これらは単純にザラバ中をを任意の一定の時系列で区切ってそれぞれの「四本値」を作成したものです。

注意しなければならないのは「分足」の始値・終値は「日足」のそれのように市場心理が意図を持って付けた値段ではなく、単にたまたま区切りに使った時限の開始、終了時に約定した(あるいは記録方法によってはその時点で表示されているだけの)価格を便宜上記録したものであると言う事です。
つまり、市場心理を読み取る上では、「日足」と「分足」では四本値に込められた意味や位相価値を同様には扱えないと言うことです。

しかしその意味合いが異なるとは言え、短い時系列の価格データが刻々と「四本値」で確認できて、その足跡からザラバ足(日中足)独特の一定のメッセージを読み取ることができると言う利便性から、分足ローソクは過去にはなかった非常に重宝なツールとして、今では広く普及しています。


ローソク足は本間 宗久(ほんま そうきゅう:享保九年=1724年 ~ 享和三年=1803年)が大阪の米相場での取引のために考案したとされる手法で(異説あり)、江戸時代から現代までの約250年ほども使われ続けている日本独特の相場のテクニカル分析法です。

これは世界最古の体系的なテクニカル分析法とも言えるものですが、特筆すべきは、非常に長い歴史を持ちながら、その手法が現代においても多くのプロのアナリストやトレーダーに普通に使われ続けていると言う点です。

これほどの長期間にわたって使われ、更に改良や新解釈も生み出されていると言うその事実が、ローソク足のその性能に秘められた普遍的な価値を物語っていると言えます。

また、その優秀さは、現代において海外で作られた比較的新しいチャート フォーメーション分析でもローソク足とまったく同義の定義が数多く存在していることや、更にローソク足チャートの表記法自体もキャンドル (candle plot もしくは box and whiskers plot -箱ヒゲ図形-) と呼ばれて、投資の本場・米国でも広く使われていることなどからも十分に伺い知ることが出来ます。



  2月27日の相場展望
ダウンロード会員
インジケータシグナル
実用投資ワード網羅
  株式先物サマリ
市場ニュース
経済イベント
225先物レンジ
225予想投票
  FXレンジ予想
ドル円予想投票
FXソフトリンク
利殖ソフトリンク
先物ソフト
  定番テクニカル
ワイルダー指標
バンド系指標
移動平均素材
パターン分析
  株価先物四本値
MT4チャート表示
エクセル自動売買
日経平均CFD
225オプション
  ストラテジ(戦略帳)
マーケットプロファイル
システム トレード帳
NT倍率サヤ取り法
日経平均株価参照集
  投資の黄金律
金融 経済辞典
先物三百年
一攫千金トリビア
売買サインルール
  • このサイトは市場研究の無料参考資料集です。投資の勧誘等は目的ではありません。
  • 投資の最終判断は必ず自身の責任で行ってください。投資結果への責任は負いかねます。
  • 情報の有効性・優位性には常に留意していますが、それらを保証するものではありません。
最適化投資工房
サイトについて 著作権について プライバシーについて お問合せ
Copyright ©2005-2017 orange2.net All rights reserved