Back 最適化投資工房 レンジ展望 市場サマリ




日経平均株価 寄与度

FX投資情報コミュニティfx-on.com


日経平均株価の銘柄別寄与度とは
日経平均の「寄与度」とは、日経平均の価格水準に対して各構成銘柄がそれぞれどのくらい影響するかを算出したものです。
たとえば、ある銘柄の寄与度が5円なら、その銘柄が日経平均株価全体の上昇分のうちの5円分の押し上げに寄与していると言うことです。
平均株価を押し上げる場合はプラス寄与度と言い、逆に押し下げる場合はマイナス寄与度と言います。
下の表の寄与度の列の値にマイナス記号の付いたものはマイナス寄与度ということになります。


日経平均株価は、その時点の株価を額面50円相当(みなし額面)に換算した「みなし株価(みなし値)」を単純に合計し、それを一定の「除数」で割ることで計算されています。

この 「みなし額面」とは、一株の額面単位が異なる各構成銘柄の一株額面を計算上の適正値に揃えて修正するもので、銘柄入れ替えなどの際に指数の継続性を維持するために行われています。

従ってみなし株価が大きい銘柄ほど日経平均株価への寄与度は大きくなります。

このため日経平均採用銘柄の寄与度は大きい銘柄と小さい銘柄で300倍ほどになります。
この寄与度の大きさによって各銘柄は225種平均株価の中に占める構成比率の大きさも変わります。

逆に言えば日経平均構成比の高い銘柄は、日経平均の変動の影響を受やすいと言えます。

時価総額で算出されるTOPIXでは大きな影響力を持つトヨタ自動車や内需系の大手銘柄などは日経平均構成比で見れば、日経平均寄与度ランキング上位常連銘柄のファーストリテーリングやファナック、ソフトバンクなどのような極端な価格インパクトは通常では示しません。

これは平均株価の算出方法による特徴で外人機関投資家などが株価操作をするにはTOPIX(株価指数)に比べて日経平均の方が容易であると言われるゆえんです。

機関投資家は投機的には日経平均を売買しますが、ヘッジのための裁定ではTOPIXメインになるのはこのためです。


     2月27日 更新(前営業日分)
値上がり銘柄数(52) 値下がり銘柄数(164) 変わらず(9)
コード 銘柄名 市場 株価 前日比 寄与度 PER PBR 利回り
6301 コマツ 東1 2710.5 -156.0 -5.44% -5.93 27.8 1.65 2.14
4519 中外薬 東1 3745 -155 -3.97% -5.89 3.17 1.55
4063 信越化 東1 9754 -132 -1.34% -5.02 26.0 2.09 1.23
9984 ソフトバンク 東1 8600 -42 -0.49% -4.79 3.02 0.51
9983 ファストリ 東1 35180 -100 -0.28% -3.80 35.9 5.05 0.99
8035 東エレク 東1 11265 -90 -0.79% -3.42 18.5 3.12 2.71
6305 日立建機 東1 2603 -88 -3.27% -3.35 110 1.41
4021 日産化 東1 3705 -70 -1.85% -2.66 25.0 3.60 1.35
8028 ユニファミマ 東1 6840 -70 -1.01% -2.66 39.6 1.68 1.64
6988 日東電 東1 9525 -66 -0.69% -2.51 25.3 2.43 1.57
3382 セブン&アイ 東1 4386 -62 -1.39% -2.36 48.5 1.75 2.05
4543 テルモ 東1 3950 -25 -0.63% -1.90 29.3 2.57 1.04
7203 トヨタ 東1 6448 -50 -0.77% -1.90 11.3 1.11
8058 三菱商 東1 2573.5 -45.0 -1.72% -1.71 9.3 0.88 2.72
5333 ガイシ 東1 2463 -41 -1.64% -1.56 22.6 1.87 1.62


  2月27日の相場展望
ダウンロード会員
インジケータシグナル
実用投資ワード網羅
  株式先物サマリ
市場ニュース
経済イベント
225先物レンジ
225予想投票
  FXレンジ予想
ドル円予想投票
FXソフトリンク
利殖ソフトリンク
先物ソフト
  定番テクニカル
ワイルダー指標
バンド系指標
移動平均素材
パターン分析
  株価先物四本値
MT4チャート表示
エクセル自動売買
日経平均CFD
225オプション
  ストラテジ(戦略帳)
マーケットプロファイル
システム トレード帳
NT倍率サヤ取り法
日経平均株価参照集
  投資の黄金律
金融 経済辞典
先物三百年
一攫千金トリビア
売買サインルール
  • このサイトは市場研究の無料参考資料集です。投資の勧誘等は目的ではありません。
  • 投資の最終判断は必ず自身の責任で行ってください。投資結果への責任は負いかねます。
  • 情報の有効性・優位性には常に留意していますが、それらを保証するものではありません。
最適化投資工房
サイトについて 著作権について プライバシーについて お問合せ
Copyright ©2005-2017 orange2.net All rights reserved