Back 最適化投資工房 レンジ展望 市場サマリ



このエントリーをはてなブックマークに追加

FX投資情報コミュニティfx-on.com

平均株価の算出法

約1700ある東証一部上場企業の中から225銘柄を選び出し、ダウジョーンズ式と言う計算方法で平均株価を算出します。
これはNYダウと基本は同じ方法で、初期の頃の日経平均株価は東証ダウ・日経ダウなどとも呼ばれていました。

1950年に東京証券取引所がこの方式で計算を開始したのが始まりで、その後、日本経済新聞社によって算出されるようになりました。

現在はTOPIXと併せて日本を代表する株価指標です。

日経平均株価に採用される銘柄数が225種類である点については諸説あるようですが、「1950年当時東証に上場されていた企業が225社だった」という説や、全銘柄のバランスをとりやすい数字であるという説があります。

選定は日本経済新聞社によって、日本経済全体を反映するような構成に配慮して、取引量の多い銘柄を中心に選んでいます。
また、流動性の低い銘柄は随時より相応しい銘柄と年に数回の頻度で入れ替わっています。

計 算
日経平均株価というくらいですから、普通なら、平均値の計算は例えば各社の株価がA社=200円、B社=300円、C社=100円の場合(200+300+100)÷3=200円と言う風に要素となる数字を足し合わせた上で、これを要素数で割って求めますが、株式の場合株価の価値が上がってくる株式分割と言うことを行っています。

仮にA社の株価を200円、B社の株価を300円とすると、単純平均では(200+300)÷2=250円となりますが、ここでB社が株式分割をして1株を2株にしている場合B社の株価は250円になります。
これを単純に平均してしまうと(200+150)÷2=175円となり分割前の株価である250円とは開きが大きすぎます。
これでは、株価指数としての連続性が失われてしまいます。
そこで、日経平均ではこの[÷2]の部分を(200+150)÷[1.5]=233.333円などと修正することで平均株価の連続性を保つように工夫しています。
この時工夫した部分を「除数」と呼び、これを用いた計算式で連続性を確保した平均株価を求めています。

東証株価指数:TOPIXの算出方法
TOPIXは、各銘柄の上場株式数を加味して計算されます。
これは、多くの人に所有され、多くの資産に影響を及ぼす銘柄と、そうでない銘柄とでは、同じ株価変動であっても、全体に与える影響は異なるとの判断によるものです。
これにより、上場株式数の少ない一部の値がさ株に指数値が左右されるということが回避されています。
TOPIXの値は、次のような算式で求められます。
現在のTOPIX = 算出時の時価総額
基準時の時価総額
× 100

時価総額の値は、各銘柄の指数用株式数に株価を乗じて求めた金額の合計額となります。
なお、指数用株式数とは、原則として各銘柄の上場株式数に浮動株比率(=1-固定株比率)を乗じて求められる株数のことです。
TOPIXは、従来、上場株式数を基に時価総額を算出し、計算されていましたが、インデックス運用等が増加傾向にある中、市場に流通する可能性が低い株式を含めて株価指数を算出すると、構成銘柄の需給に歪みが生じかねないため、上場株式数ではなく、浮動株式数(浮動株比率)を基に算出する方法(浮動株指数)への見直しが行われています。
具体的には、3段階に分けて、浮動株数に基づく計算方式に移行されています。
2005年10月末に第一回目の反映(浮動株比率が0.7の銘柄であれば0.9として反映)、2006年2月末に第二回目の反映(0.8として反映)、同年6月末に第三回目の反映(0.7として反映)がされ、浮動株指数への移行が終了しました。
なお、有償増資や新規上場など市況変動以外の要因、すなわち、指数用株式数等の増減により分子の時価総額が変わるときには、指数の連続性を維持するために、分母の基準時の時価総額が修正されます。
具体的には、次の比例式を満たすように、新しい基準時の時価総額が求められ、指数の連続性の維持が図られています。
修正日前日の時価総額
旧基準時の時価総額
修正日前日の時価総額±修正額
新基準時の時価総額


  3月29日の相場展望
ダウンロード会員
インジケータシグナル
実用投資ワード網羅
  株式先物サマリ
市場ニュース
経済イベント
225先物レンジ
225予想投票
  FXレンジ予想
ドル円予想投票
FXソフトリンク
利殖ソフトリンク
先物ソフト
  定番テクニカル
ワイルダー指標
バンド系指標
移動平均素材
パターン分析
  株価先物四本値
MT4チャート表示
エクセル自動売買
日経平均CFD
225オプション
  ストラテジ(戦略帳)
マーケットプロファイル
システム トレード帳
NT倍率サヤ取り法
日経平均株価参照集
  投資の黄金律
金融 経済辞典
先物三百年
一攫千金トリビア
売買サインルール
  • このサイトは市場研究の無料参考資料集です。投資の勧誘等は目的ではありません。
  • 投資の最終判断は必ず自身の責任で行ってください。投資結果への責任は負いかねます。
  • 情報の有効性・優位性には常に留意していますが、それらを保証するものではありません。
最適化投資工房
サイトについて 著作権について プライバシーについて お問合せ
Copyright ©2005-2017 orange2.net All rights reserved