Back 最適化投資工房 レンジ展望 市場サマリ




このエントリーをはてなブックマークに追加

FX投資情報コミュニティfx-on.com

NT倍率さやとり投資 (序説)
 [ NT倍率裁定ペアトレード 日経225先物とTOPIX先物を使ったサヤ取り投資 ]
NT裁定トレードとは?
NT倍率を使ったNT裁定取引利殖術
NTトレードとは日経225先物とTOPIX先物の両方を同時に売買するトレード術です。
NTサヤ、NTスプレッドなどと言われるNT価格差の変化を利用したサヤ取りトレードの一種で、厳密にはNT裁定トレードは擬似的裁定であるため、裁定と言う言葉を避けてNTペアトレード、NTサヤ取りトレードなどと呼ばれます。

このようなNTサヤトレードの場合その歪み発生を見張り続けると言った方法を取る場合には、長時間、神経を集中する監視が必要であったり、また、寄付きや引けの数秒前に寄り値倍率や引け値倍率を求めて予測すると言った人間の限界を超えた作業を求められるものや、二つの銘柄に瞬時に発注を入れる必要があると言ったシビアな監視・予測・発注方法をとるものが多いために、その性格上、NTロボットトレードとかNT自動売買などと呼ばれるトレードシステムが用いられることが多い投資術です。

NT倍率とは?NTスプレッドとは?
NT倍率とは日経225の価格をTOPIXのポイントで割ったもので、両者の相関を表す指標として用いられるものです。
NIKKEI225のNとTOPIXのTから付けられた名称です。
NYダウ平均と日経平均を用いたNN倍率や、NYダウとSP500のNS倍率など、二つの指標の倍率で市場のバイアスを見ようとする幾つかの方法のひとつで、特にNT倍率は投資家の間で広く用いられているものです。

指標としてのNT倍率は日経平均株価(日経225指標)を東証株価指数(TOPIX指標)で除算した(割った)値を指しますが、NT倍率と言われるものはもう一つ、日経225先物の価格とTOPIX先物の価格の比率を用いるものがありNT売買では主にこちらが用いられます。

NT倍率(NTレシオ)は両者の比率を用いますが、NTサヤと言えばこの比率とは別にNTスプレッドと呼ばれる価格差の動きを指す場合があります。
NTスプレッドは、日経225先物の価格からTOPIX先物価格×10を引いたもので、こちらは両先物の事実上の取引価格の差であり、その差の動きでシグナル判定するNTスプレッドトレード(NTサヤ取引)と言う方法が、NT倍率投資と組み合わせて用いられることがあります。


NT倍率のチャート描画ブックです。ご利用ください。

 ダウンロード




NT倍率ペアトレード
NT倍率を使ったトレードの代表的なものは日経225先物とTOPIX先物の両方のポジションを「売り・買い」あるいは「買い・売り」で同時に持つNTペアトレードと呼ばれる投資法です。
トレードでは普通は両者の先物を使うためNT倍率も日経225先物÷TOPIX先物で求められるものを用います。
簡単に言えば日経225先物投資売買とTOPIX先物投資売買を一度に、そして同時に、しかも反対のポジションで行うトレードと言うことです。

デメリットとメリット
例えばペアトレードを普通の225先物だけを取引するような場合と比較してみると・・・、
証拠金あたりの利益は小さい、手数料が倍必要、注文が複雑なためミスのないように注意が必要・・などなど不利な点がいくつもあります。
しかし、良く似た動きをする二つの商品を常に逆のポジションで持つと言うことは、災害や恐慌時の大暴落に対して、自動的に一定のリスク管理を行っていることになります。
この点、つまり突発的な極端な値動きに翻弄されないと言う点はペアトレードの大きな安定材料と言えます。
NTは乖離と収束が他のサヤ取引に比べて見極めが難しいため、裁量売買よりはテクニカル分析などを使ったシステムトレードが適していると言われています。

例えば大暴落時などに買いで持っているほうのポジションは大変な損失を蒙ることになりますが、ペアトレードでは良く似た性質の商品を常に逆建てしているわけですから、そちらの売りで持っているほうは買いの損失をカバーするだけの利益になっているはずです。
損益は常に両者の相殺分の残りとなるため、危機の時でもその損失は日常のそれに近いものに圧縮されます。

OR2cのNT投資法とサンプル シグナル
NTトレードなどの裁定や準裁定的なトレードはサヤの自動的な帰納性を狙った取引であるためシステムトレードに向いています。
NTシステムトレードは幾つかの方法がありますが、そのうち有効と考えられるのはNTが理論的な相関性はともかくも、それらが常に連関した動きであるために発生するバイアス(偏り)の活用です。

ORANGE2ではオリジナルのNT倍率シグナルをいくつか無料配信していますが、以下はその一例です。
この他に、「陰陽平均足によるNT倍率」のシグナルなども毎日公開しています。

本日夜間の「NT倍率 ペア トレード シグナル」

05/25見送り
05/24見送り
毎日配信している NTナイトアンドデイサンプル シグナルです。
 [ バックテストの勝率 約 62% ] (夜越版)
NTナイトアンドデイ夜越版はこのシグナルを使って15:15までに引けで成行注文を出し、翌朝 9:00の寄付きの成行で手仕舞うと言うスタイルで行うオーバーナイトトレードです。



NT倍率裁定取引(NT倍率アービトラージ)
任意の二銘柄を組み合わせてペアでトレードを行うもののうち、客観的に有利なポジションを判断できるものを、裁定・アービトラージ・サヤ取引などと呼び、これは主にプロの機関投資家などによって行われています。

※NTアビトラージ、NTアービトレージ、NTアビトレイジ、などと表現されているものはすべてNTアービトラージのことです。

例えば日経225の現物と先物はSQと呼ばれる清算時に理論上の価格が一致します。

  日経225先物(青線)と日経225現物(赤線)の併描チャート


そのためこの両者に何らかの市場要因で異常な価格差が出たときに、やがて適正な値に戻ると言う判断で売り買い両建てすれば(理論上は)必ず儲けることが出来るわけです。
つまりこのペアの場合には客観的に有利なポジションが生まれ得ます。

裁定取引とはこのような明らかに有利な状態で取引を行える方法・機会を言います。
この必ず有利な状態で取引を行える裁定取引は世界三大利殖術のひとつとして、大口の投資家の間で良く行われる手法として知られています。
ここで言う現物とは・・、
日経225先物に対する現物なら、日経225先物の価格算定基準となる東証一部銘柄の中の225種の採用銘柄すべてのことを指します。
同様に、TOPIX先物に対する現物は東証一部全銘柄のことになります。


ちなみに世界三大利殖法とは・・、
①サヤ取り(ペアトレード、裁定取引)
②サヤすべり取り(ローリング)
③オプションの売り
 のことを指しており、それぞれに成功確率の高い方法であるとされています。
しかしこれが理論的に見て必ず儲かる方法であっても、現実には先物と同じボリュームになるように225種の現物株を売買対象としたり、さらにTOPIXを使って行う場合には二千種近い東証の全銘柄のすべてを正しい比率で売買することになり、それは資金的にも技術的にも一般の投資家には非常に難しいものになります。

そこで注目出来るものの一つが、この裁定を応用したトレードであるNT倍率のペアトレードです。
NTのペアトレードは一般の投資家も広く売買している日経225先物やTOPIX先物、場合によってはそのミニ先物を利用して比較的手軽に始めることができます。

NT裁定
NT倍率を用いたペアトレードもよくNT裁定取引(NTアービトラージ)などと呼ばれていますが、この組み合わせには先物と現物のそれのように客観的・理論的に有利な状況が必ず発生すると言う法則性はないので、厳密な裁定とは言えません。
但し、ほぼ同じ方向に動いている両者の価格差には適正な状態とイレギュラーな状態が繰り返し訪れている傾向・可能性はありますし、このイレギュラーの検出は普通の株価や先物のそれを検出するよりは数段理にかなった方法で行える可能性があるものです。

つまり、NT裁定はこのイレギュラーな状態をなんらかの方法で検出することが出来れば、あとは適正なベクトルに仕掛けることで、ある意味、擬似裁定のようにトレードできる可能性があります。

NT倍率投資法
NT倍率を使った方法も実はプロの機関投資家の間でも広く行われており、やり方によってはその有効性が期待できます。
しかし、前述したように先物と現物による裁定取引のようにSQで価格が一致と言うような適正値の明確な基準がないため、単に両者が非常に良く似た動きをすると言う事を利用した裁定取引の応用と言うことになります。
NT倍率の投資法とは、両者の価格差に現れるイレギュラーな状態を検出するための、「基準となる適正値」をいかにして探るかと言う研究であり、また、そこにはわかりやすい裁定状態は成立しておらず、その独特の乖離・収縮のからくりが明確なものとは言えないためにいろいろな方法が提案されています。

更に、そのような研究の過程で派生したものに、NT倍率を指標として用いることで、日経225先物単体の値動きを判断しようとするものや、TOPIX先物単体の取引を行おうとするようなバリエーションも存在しています。

NT倍率自動売買
NT倍率を使った自動売買では原則としてザラバでの発注が難しいためたいていは寄り引けでの発注になる点と、二つの商品を反対のポジションで同時に発注すると言う注意が必要です。
しかしこの日経225先物トレードとTOPIX先物トレードと言う二つのチャンネルを同時に反対のポジションで売買すると言う方法はわずらわしさや錯覚によるミスの発生と言う注意が必要です。
寄り引けトレードならばザラバの売買と違って余裕を持って注文できそうですが、例えば某laboを主催するG社のGロボなどで使われているロジックは寄付きや引けのNT倍率を予測しつつ、寄り引け直前のほんの数秒間に二つの商品の発注を同時に行うと言う仕様になっています。
このような方法は明らかに手動では無理であり、ロボットを使った自動売買で初めて実現可能になる方法です。

ORANGE2ではそうした直前の価格比較版とは別に「陰陽平均足」と言う独自の方法による前日シグナル版なども開発しています。
陰陽平均足では前日の夕方に翌日の日中寄り引け取引のシグナルが出るために、シグナル確認後にじっくり実際の売買戦略を練ると言うことが可能です。



  5月25日の相場展望
ダウンロード会員
インジケータシグナル
実用投資ワード網羅
  株式先物サマリ
市場ニュース
経済イベント
225先物レンジ
225予想投票
  FXレンジ予想
ドル円予想投票
FXソフトリンク
利殖ソフトリンク
先物ソフト
  定番テクニカル
ワイルダー指標
バンド系指標
移動平均素材
パターン分析
  株価先物四本値
MT4チャート表示
エクセル自動売買
日経平均CFD
225オプション
  ストラテジ(戦略帳)
マーケットプロファイル
システム トレード帳
NT倍率サヤ取り法
日経平均株価参照集
  投資の黄金律
金融 経済辞典
先物三百年
一攫千金トリビア
売買サインルール
  • このサイトは市場研究の無料参考資料集です。投資の勧誘等は目的ではありません。
  • 投資の最終判断は必ず自身の責任で行ってください。投資結果への責任は負いかねます。
  • 情報の有効性・優位性には常に留意していますが、それらを保証するものではありません。
最適化投資工房
サイトについて 著作権について プライバシーについて お問合せ
Copyright ©2005-2017 orange2.net All rights reserved